動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

知っておきたいパーソナライズド動画!そのメリットと活用法は?

パーソナライズド動画でターゲティングされるイメージ

見込み客を育成したり成約率を高めたりするために、効果的な手法として「パーソナライズド動画」が注目されているのをご存知でしょうか。どのような動画かピンとこなかったり、この言葉自体を聞きなれかったりという人もいるかもしれません。そこでこの記事では、パーソナライズド動画はどういうものかを説明し、そのメリットや活用法について紹介していきます。

パーソナライズド動画の特徴

動画マーケティングとして注目度が高いパーソナライズド動画とは、どのようなものを指すのでしょうか。ここでは、その特徴とメリットについて説明します。

パーソナライズド動画とは

パーソナライズド動画とは、ユーザーにあわせてコンテンツを変えた動画のことを指します。自分だけのために作られた動画という特別感があり、より成果につながりやすい手法として注目されています。この動画の特徴は、ユーザーひとりひとりの状況にあわせて行うOne to Oneマーケティングです。パーソナライズド動画ではたとえば、自分の名前が出てきたり、住んでいるエリアの情報を知ることができたりします。たとえば、Q&A動画にこの手法を用いれば、視聴者が「自分の質問に答えてくれた」と感じられるのです。

パーソナライズド動画のメリット

パーソナライズド動画のメリットとして、ユーザーが興味を持つ情報をピンポイントで提供できる点が挙げられるでしょう。この手法ではユーザーの状況や好みを反映できるので、無駄のないマーケティングが可能となります。さらに、紙のDMやメールなどよりも見てもらいやすいのもメリットです。動画によっては自分が現在保有しているポイントや会員ステータスなども表示されます。また、視聴者が感じる特別感は「おもてなし」にも通じるものがあるので、パーソナライズド動画をうまく活用すれば、電話やメールのお問い合わせ数も減らせる可能性があります。

動画をパーソナライズする際のポイント

動画をパーソナライズする際には、気をつけておかなければならない点がいくつかあります。ここでは、3つのポイントに焦点を当てて解説していきます。

顧客管理

ユーザーに最適なパーソナライズド動画を届けるためには、まずそのユーザーについて知ることが不可欠です。そのためには、しっかりと顧客管理を行うことがポイントになります。そのユーザーが求めているものは何かを正しく分析するためにも、重要な顧客情報はきちんと蓄積し、活用する必要があります。たとえば、自社サイトのどのページを頻繁に訪れているか、年齢層はどのぐらいなのかなどは、マーケティングを進めていくうえで重要視すべきです。情報活用の必要性が生じればすぐに扱えるよう、普段から顧客管理体制を整えておきましょう。

差し込み

効果的なパーソナライズド動画にするためには、どこにどのようなメッセージを差し込むか、映像や音をユーザーごとにどう変えるかが重要になります。差し込みで多いのがテキストと音声です。たとえば請求額や保有ポイント、契約しているサービスの名称などは個々のユーザーによって大きく異なるので、テキストの差し込みで対応するのが一般的です。音声では、視聴者の名前など、比較的文字数が短いものに使われることが多いです。

シナリオの分岐

同じストーリーの動画をカスタマイズするだけでなく、シナリオをユーザーにあわせて分岐させるようにすると、より高い効果が期待できる場合があります。たとえば、おすすめのサービスを提案する際に、独身ならシナリオ1、既婚ならシナリオ2のようにすることで、ユーザーに刺さりやすくなります。

パーソナライズド動画の活用方法

パーソナライズド動画は活用してこそ意味のあるものです。ここでは、4つの活用方法について説明し、この手法の可能性について探っていきます。

見込み客の育成

見込み客を育成するためには、その見込み客のフェーズにあわせた情報提供がカギを握ります。商品やサービスへの関心が高まったときにパーソナライズド動画を利用すれば、最後の後押しになる可能性を秘めているのです。この動画手法はDMやメールなどよりも商品やサービスの使用感をリアルに伝えられるので、購買意欲を高めるのに効果が期待できます。

顧客ロイヤリティの向上

既存の顧客に対しても、パーソナライズド動画は役立ちます。この動画手法を用いて新製品の情報提供などをすれば、リピート率を高めて顧客ロイヤリティの向上につなげることができます。メールの案内で自社サイトに来たユーザーの9割がパーソナライズド動画を視聴し、うち7割が視聴完了したというデータもあるほどです。見込み客を顧客に、顧客をロイヤルカスタマーにするのを、この動画手法では実現できる可能性があります。(※日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社調べ

営業支援

見込み客と面談するような場合でも、事前にパーソナライズド動画を準備して臨めば、最適な情報が提供できる可能性が高まります。動画で製品やサービスの特徴を紹介し、視聴者がさらに知りたい情報を直接営業が説明するようにすれば、見込み客の製品やサービスの理解促進にもつながります。個人の顧客だけではなくBtoBにも使えるこの動画手法は、成約率アップも期待できます。

パーソナライズド動画の活用事例

実際にパーソナライズド動画の活用事例を見て、どのようなものかを体験してみましょう。ここでは、2つの好例を紹介します。

「自動車の事故解決までの流れ」チューリッヒ生命

出典:ZurichJapan

チューリッヒ保険による自動車の「事故解決までの流れ」を案内するパーソナライズド動画は、冒頭部分から視聴者の名前を呼びかけています。また、動画の最後には、証券番号や事故番号、事故日といった視聴者だけの情報が提示されています。本動画では、事故を起こしたユーザーに対して事故後の対応について詳しく案内しています。視聴者に対して話しかけるように説明しているのが、一般的な案内動画との大きな違いです。さらに、本動画は画面上のボタンをクリックすることでさらに別の説明へと進むことができるので、より視聴者の気になる部分の説明に寄り添ったコンテンツになっています。事故に遭ったことをいたわる表現も見られ、全体的に配慮が行き届いたクオリティの高い動画といえます。

「ご契約内容のお知らせ編」マニュライフ生命

出典:ManulifeJapan

マニュライフ生命の「ご契約内容のお知らせ」を案内するパーソナライズド動画では、ナレーターが視聴者の名前こそ口にしないものの、画面にはしっかりと書かれており、視聴者にだけ向けたものであることがわかります。そのほかにも、契約内容や契約日などの個人的な情報も画面に表示されます。本動画はユーザーが契約した内容にあわせてパーソナライズしており、視聴者によって見えるものが違ってくるのが特徴です。従来型の動画では、どのユーザーもまとめての案内となることが多くありました。たとえば、自分が30代だったとしても、40代や60代などへの案内もひと通り見なければならないのが普通でした。しかし、本動画であれば視聴者の属性についての説明のみであり、時間短縮かつ的確な情報を得られるので、ユーザーフレンドリーとなっています。

ユーザーに最適なパーソナライズド動画にしよう

パーソナライズド動画は、ユーザーによってどこをどう変えるかがポイントになります。思い描く成果につなげる動画を制作したいなら、経験と実績が豊富な動画制作サービスに頼むのが良い選択です。自分用の動画という特別感を与えられ、ユーザーの関心が高く維持される動画を作って、コンバージョン率を上げていきましょう。

動画制作におすすめのCrevo

Crevoのプロデューサー

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

Crevoの関連サービス

商品説明・紹介の動画制作・映像制作

サービス紹介の動画制作・映像制作

アプリ紹介の動画制作・映像制作

関連記事