動画制作・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE『ビデオ スクエア』

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

実際の美しさや雰囲気を伝えられる!実写動画のメリット

実際の美しさや雰囲気を伝えられる!実写動画のメリット

企業の活用事例で大きな注目を集めているのが、動画です。これから自社でも動画を制作して、活用してみたいと考えている企業も多いのではないでしょうか。一口に動画といっても、大きくわけて実写とアニメーションの2種類があります。この記事では、実写で動画を制作するメリットと制作会社選びのポイントについて紹介します。

実写映像のメリット

まず、実写映像とはどのようなものなのでしょうか。実写映像の内容と、制作することで期待できるメリットについて紹介します。

実際の美しさや雰囲気をそのまま伝えられる

実写動画というのは、言葉の通り、実際の風景や光景を撮影した動画です。企業が制作する動画には、実写映像とアニメーションがあります。両者の違いは、訴求したいものをリアルな実際の映像で伝えるのか、アニメーションにして伝えるのかという点です。どちらにもメリット・デメリットがあるため、両方を併用するケースも少なくありません。実写映像にするメリットは、商品やサービスをリアルに伝えられることです。まず、実際の様子をそのまま見せるので、様子や雰囲気をリアルに伝えることができます。次に、商品やサービスが実際にどう使われるのかがわかるので、視聴者自身が使っている姿をイメージしやすいので、プロモーション動画にも向いているといえるでしょう。

お客様の声や社員紹介などをリアルに伝えられる

実写映像のメリットとしては、アニメーションでは伝えられない臨場感が伝えられる点も挙げられます。アニメーションはリアルな映像ではないため、視聴者はどうしてもリアルに想像しづらい部分があります。この点、実写映像は実際の様子を映しているので、どんな商品・サービスなのかをダイレクトに伝えることが可能です。実写映像はリアルなありのままの様子を見せるので、視聴者の内容への信用性も高まります。例えば、社員紹介では社員の表情も見ることができるので、視聴者の安心感にもつなげることができます。

共感・感動を呼びやすい

実写映像は、視聴者の共感・感動を呼びやすいというメリットがあります。リアルな姿をそのまま描いているので、映像の内容を身近に感じ、違和感なく受け入れやすいのです。登場人物をターゲット層に近い人物にすると、効果的にターゲット層に訴求することができます。より印象的な動画にしたいなら、ドラマ仕立てやドキュメンタリー風にすると良いでしょう。ストーリーを持たせることで内容が理解しやすくなり、登場人物に対する興味や共感を呼び起こしやすくなります。視聴者の感情に訴えかけるようなエモーショナルな動画の制作ができるのが、実写映像のメリットといえます。

実写映像の制作会社を選ぶ際のポイント

実写映像のメリットについてわかったところで、ここでは実写映像の制作会社を選ぶ際のポイントについて説明します。

実績のある会社か

世の中には、多くの動画制作会社がありますが、具体的な業務内容はさまざまです。一口に動画制作会社といっても、それぞれ得意な分野があり、すべての動画を制作できるわけではありません。制作会社によっては、対応できないジャンルもあることを理解しておきましょう。そのため、制作会社を選ぶ場合には、どんなジャンルの動画を作れるのか、事前にチェックすることが大切です。特に、実写映像を制作できるかどうかをチェックし、実績が豊富な制作会社を選ぶことが大切です。ウェブサイトに掲載されている制作事例も参考になります。

提案力はあるか

制作会社を選ぶ際のポイントとして、提案力があるかどうかという点も挙げられます。実写動画といっても、何をどう見せるのか、表現方法はさまざまです。表現の仕方次第で視聴者に与える印象はガラリと変わるので、どんな表現にするかは慎重に選ばなければなりません。そのため、制作の意図を的確に汲み、どんな動画にするのが効果的かを提案してくれる制作会社を選ぶことが重要です。企業側が提出するイメージをただなぞるだけの動画では、結果的に満足のいく仕上がりにならないことも多くあります。ときには制作会社の意見を取り入れつつ、プロの視点からよりよい表現を提案してくれるような会社を選ぶようにしましょう。

フォロー体制はしっかりしているか

制作にあたって、フォロー体制が整っていることも大事なポイントです。実写動画を制作する際には、企画やロケ、撮影、編集、など必要なプロセスをたくさん経なければなりません。スケジュールをしっかり管理して、打ち合わせをきちんと行い、各方面との調整や進捗状況を報告してくれるような制作会社を選ぶことが大事です。特に初めて動画制作を依頼するような場合には、フォロー体制がしっかりしている制作会社を選ぶと安心でしょう。窓口となる担当者がいて各工程を確認しながら進めてくれるような、フォロー体制が整っている制作会が理想的だといえます。

費用の内訳は明瞭か

何にいくらかかるのか、見積もりの内訳がはっきりわかる制作会社を選ぶことも大事です。実写映像を制作するには、上記のようにたくさんのプロセスがあるので、どうしても費用がかかりがちです。業者によっては、ざっくりとした概算で見積もりを出すところもありますが、それでは見積もりが適正なのかどうか判断できません。合計金額だけでなく、各費用の内訳とそれぞれの金額が明瞭な制作会社を選ぶことが大切です。

実写映像の事例紹介

ここで、映像制作サービスのCrevo(クレボ)で制作した、実写映像の事例をいくつか紹介します。

スキンケア美容家電「LUNA mini2」

出典:Crevo制作実績

スキンケア美容家電「LUNA mini2」のプロモーション動画です。この動画では、実際の洗顔シーンをメイン映像にしています。仕事を頑張っている女性を主人公にすることで、ターゲットである女性が、商品に親しみを持てるように工夫した動画です。また、実際に使用しているところを映像化しているので、短い時間の中で使い方が自然にわかるようになっています。

Huawei Japan ブランドムービー

出典:Crevo制作実績

Huawei Japanのブランドムービーです。とある一人の青年が成長する姿を幼少期からムービーとして描くことで、視聴者の共感を喚起する構成になっています。国籍の違う仲間たちと日々切磋琢磨している若者の姿と、それを遠くから見守っている父親の姿を交互に描いています。パートナーシップという、会社が大切にしている価値観も、自然体で表現されています。

子供向けプログラミング教育サービス「embot」

出典:Crevo制作実績

NTTドコモの子供向けプログラミング教育サービス「embot」のサイト掲載用動画です。子供にものづくりの基礎やビジュアル・プログラミングの体験を提供するロボットの紹介動画になります。子供が実際に遊んでいる様子を動画で表現しました。子供の生き生きとした表情を通して、サービスを利用したときのワクワクするような気持ちを自然体で表現しています。子供たちの楽しそうな笑顔を見ているうちに、つい動画に引き込まれてしまいます。

実写映像を依頼するならCrevo

実写映像はリアルな映像なので、商品やサービスの様子をそのまま伝えることができ、そのぶん視聴者の信頼も高くなります。お客様の声や社員紹介も、臨場感を持って伝わるので印象に残りやすいのがメリットです。ドラマやドキュメンタリー風に仕上がれば、共感や感動を呼ぶこともでき、視聴者の感情に訴えかけるようなインパクトのある動画になります。

良い実写動画を制作するには、良い制作会社を選ぶことが大事です。制作経験が豊富でフォロー体制がしっかりしており、適切な表現方法を提案してくれるような制作会社を選びましょう。複数の制作会社に見積もりを依頼して比較・検討すると、良い制作会社に巡り会える可能性が高くなります。Crevoも、これまでに数多くの実写映像の制作に携わっています。案件ごとに専属ディレクターをアサインし、企画から納品までフルサポートしているので、最初から最後まで安心して任せることができます。実写映像制作を検討しているなら、ぜひ一度ご相談ください。

Crevoの関連サービス

実写動画制作・映像制作

関連記事