動画制作・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE『ビデオ スクエア』

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

アプリのダウンロードを増やすなら!Twitterの動画広告がおすすめ

アプリダウンロード

自社のアプリをリリースしたのはいいものの、思うようにダウンロード数が伸びずに悩んでいる企業も多いのではないでしょうか。アプリのダウンロード数を増やすためには、さまざまな方法が考えられますが、特におすすめなのはTwitter広告(ツイッター広告)を利用することです。Twitterは、数あるSNSの中でもトップクラスの拡散力を持っているメディアだといえるでしょう。ユーザーから共感を得られる情報を広告として発信することができれば、拡散されて多くの人に知ってもらえる可能性もあります。この記事では、拡散力以外にもアプリのダウンロード数向上のためにTwitterがおすすめの理由や、ダウンロードを増やすためのポイントについて紹介します。

アプリの動画広告にTwitterがおすすめの理由

数あるSNSの中から、アプリの動画広告におすすめしたいのがTwitterです。その理由を、3つの具体例を出しながら説明していきます。

アプリインストールに特化したキャンペーンがある

ひとつ目は、Twitterの広告にはアプリのインストールを促進するための「アプリキャンペーン」があることです。Twitterの広告は、目的に合わせていくつかのキャンペーンが用意されていますが、アプリキャンペーンはアプリのインストールに特化した広告なので、高い効果を期待できます。たとえば、ツイートエンゲージメントキャンペーンやフォロワーキャンペーンなど、計6つのキャンペーンが用意されています。これらの中から、自社アプリの広告に適した内容のキャンペーンを選択することが可能です。

コストパフォーマンスが高い

さきほどご紹介した「アプリキャンペーン」には2種類の課金方式があります。ひとつ目は、コストパーアプリクリックと呼ばれるもので「App StoreかGoogle Playに誘導することに成功したクリック」または「アプリケーションを直接開いたクリック」に対してのみ課金されるものです。もうひとつは、コストパーインストールと呼ばれるもので、ユーザーがアプリをインストールした場合のみ課金される課金方式を指します。特徴は、どちらの課金方式も広告の視聴ではなく成果に対して発生する課金です。そのため、コストパフォーマンスの高い広告運用が可能であるといえるでしょう。

狙ったユーザーにリーチしやすい

Twitter広告の3つ目の特徴は、細かくターゲティングでき拡散されやすいので狙ったターゲットにリーチしやすい点です。自社アプリをダウンロードしてもらいたい層に広告を配信することで、その内容がターゲット層の興味をひくことができれば、リツイートをしてくれる可能性が出てきます。その結果、そのユーザーをフォローしている別のユーザーにも同じような情報が流れ、より多くのターゲット層にリーチすることができます。

また、アプリに対するユーザーの声も確認しやすい特徴があります。たとえば、実際にアプリを使ったユーザーがハッシュタグをつけて、そのアプリについてのコメントをツイートしたとします。そのツイートをチェックすることで、どのような部分が好評でどのような部分に不満を抱いているのかをTwitter上で確認することが可能です。結果的に、流れてくるツイートを分析しながらサービス改善につなげることもできます。

Twitterアプリ広告でインストールを増やすためのポイント

ここからは、実践編として実際にTwitterアプリ広告で自社アプリのインストールを増やすためのポイントについて説明していきます。

キーワードでターゲティングする

Twitterでは「アプリ」「インストール」のようなシンプルなキーワードだけでなく、「ダウンロードしたい」「インストールした」など実際の行動に関連付けたキーワード設定が可能です。そのため、アプリに関連したキーワードを適切に選んでターゲティングすることで、成果につながりやすくなります。成果を上げるために、こまめに自社アプリのターゲットとなる層のユーザーがどのようなツイートをしているのか、よく観察するようにしましょう。そうすることで、新たなキーワードの発見につながり、より一層ターゲットに情報を伝えられる可能性も高くなります。

複数の動画を使用する

2つ目のポイントは、複数のパターンの動画を用意することです。Twitterはパフォーマンスの高い広告が高頻度で表示されるように設定されています。そのため、複数の動画を使ってA/Bテストをしていくことで広告の精度が高まり、より成果につながりやすくなるのです。特に、TwitterはインスタグラムやフェイスブックなどのSNSと比べて流し読みされる可能性が高いといわれているので、ユーザーの心をひきつけられるような魅力的な動画かどうかは重要になります。最適な動画を探るためにも、複数の動画を準備するようにしましょう。

テキストを効果的に使用する

3つ目のポイントとして、テキストを効果的に活用することです。前述のように、Twitterでは広告がタイムライン上でスルーされてしまう可能性もあるので、テキストを効果的に活用してアプリの魅力をユーザーに最大限伝えることが必要でしょう。

Twitter動画広告は、相性が良いアプリとそうでないものがあります。それを理解したうえで、自社アプリはどのようなユーザーをターゲットにしているのかを改めて考えてみましょう。そのターゲット像が見えてくれば、あとはそのターゲットに届けるために、Twitter動画広告の中でどの種類の広告方法がいいのかを検討します。そして、効果の検証を繰り返しながら、ターゲットに自分のサービスを届けてさらに拡散をしてもらえるように動画の工夫をしましょう。

Twitterアプリ広告の事例紹介

ここからは、実際に制作されたTwitterアプリ広告の事例を紹介します。今回紹介するのは、動画制作サービスのCrevo(クレボ)が制作した2本の動画です。

日本ケンタッキー・フライド・チキン「KFCマイレージプログラム」

出典:Crevo制作実績

1本目は、日本ケンタッキー・フライド・チキンの公式アプリ「KFCマイレージプログラム」の紹介動画です。この動画の特徴は、動画に実際のアプリ画面を用いることで、使用した際のイメージをユーザーがもてるように工夫されています。写真やテキストで説明すると複雑な内容になりかねないものを動画で説明することで、プラチナ会員になるまでの条件などがわかりやすく表現されています。

また、アプリのポイントとなるチキンマイルの貯め方を丁寧に説明しているのも特徴です。視聴者は、自分にどのようなメリットがあるサービスなのかを重要視しています。動画では、丁寧に説明することで、視聴者自身に簡単に貯めることができそうだという印象を与えています。さらに、購入金額250円で100ポイントというポイント率もわかりやすく伝えているので、簡単にポイントを貯められそうというイメージがわく内容になっています。

東急ハンズ「ハンズクラブアプリ」

出典:Crevo制作実績

2本目は、東急ハンズの公式アプリ「ハンズクラブアプリ」の紹介動画です。この動画の特徴は、具体的な使用シーンがわかるように工夫されている点でしょう。働く女性を主人公にし、日常生活が「ハンズアプリ」で便利になる様子がシンプルに描かれています。さらに、東急ハンズの企業カラーである緑と白を基調にすることで、東急ハンズのブランディングの向上にもつながっているといえるでしょう。

アプリの魅力が伝わる動画広告をTwitterで活用しよう

アプリの動画広告は、アプリの魅力を短時間で訴求することが重要です。そのため、動画でしっかりと最初の数秒でユーザーの心を掴み、最後まで興味をもってもらえるような内容の動画を制作する必要があります。しかし、訴求力のある動画制作は難易度が高く、効果の高い動画を制作するのは簡単とはいえません。そこで、動画広告の制作実績が豊富なプロに依頼するのがおすすめです。事例紹介の際にも出てきた動画制作などを行う動画制作サービスのCrevoでは、紹介した動画以外にも豊富な制作実績があります。まずは、どのような動画広告を制作してみたいのか相談してみてはいかがでしょうか。

動画制作におすすめのCrevo

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoの関連サービス

アプリ紹介の動画制作・映像制作

関連記事

Twitter動画広告のメリットとは?マーケティング活用事例を紹介!

SNSの特性をふまえて使い分けよう!動画を活用したマーケティングのコツ

関連記事