動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

プロモーション動画を制作するポイントは?活用事例とともにわかりやすく解説!


動画は商品やサービスのプロモーションおよびブランディングに適したツールの一つであり、積極的に活用する企業が増えています。この記事では、企業のプロモーションになぜ動画が有効なのかを説明し、動画を使用するメリットやプロモーション動画を制作する際のポイントについて解説していきます。

企業のプロモーション動画を制作するメリット

短時間で多くの情報が伝えられる

動画は特に視覚と聴覚に訴えかける表現手法であり、1分間の動画で伝えられる情報量は数千ページのウェブページに匹敵するともいわれています。つまり、消費者は短時間で知りたい情報を手に入れられるので、その企業について知りたいと思ったら動画を視聴する可能性が高いのです。

そのため、静止画やテキストで伝えるよりも、多くの情報をよりリアルに伝えることができるのが動画の強みと言えます。また、動画が始めから終わりまで試聴される確率は80%と高く、これはウェブサイトのページを始めから終わりまで読む確率である20%を大きく上回っています。(※ボクシルマガジン参照

動画を見る機会が増えている

数年前までは、動画を見るのはパソコンが主流でした。その理由は、動画はデータの容量が大きく、技術的にパソコンでしかスムーズに見られなかったからです。しかし、スマートフォンやタブレットなどの爆発的な発達・普及に伴い、通勤・通学や人を待つ間などのちょっとした隙間時間に動画を視聴する人は増えてきました

人々が動画に触れる機会が以前よりも多くなっており、動画がより身近なものになりました。この傾向は動画の利便性の高さやSNSなど動画を視聴する環境が整ってきていることから、今後も続いていきます。多くの人に自社の情報を届けるためには、動画の活用が欠かせないものになっているのです。

強く印象に残る

プロモーション効果を高めるのに重要なのが、視聴者の印象に残るものを制作することです。動画を使用すると表現の幅が大きく広がり、工夫次第では共感やインパクト、親近感、感動などを与えることも可能となります。

たとえば、ユニークなキャラクターを設定したり、CGや音響効果を駆使したりすることで、視聴者の印象に強く残る動画を制作することはそれほど難しくはありません。また、動画の構成やシナリオを斬新なものにすることによっても、印象に残る動画になるでしょう。工夫次第で無限の可能性を秘めているのが動画の醍醐味なのです。

プロモーション動画を制作する上で抑えるべき3つのポイント

プロモーション動画を制作する際には、押さえるべきポイントをしっかりと見極めることが大切です。この段落では、特に重要な3つのポイントについて紹介していきます。

①ターゲットと目的を明確にする

誰にどういった情報を届けるのかという、動画の「ターゲット」と「目的」を制作前から明確にすることが重要なポイントです。ターゲットの設定があいまいだと届ける情報もぼやけたものになってしまい、プロモーション効果が期待できないことがあります。

また、自社サイトへの誘導や商品購入など、プロモーション動画で視聴者にどのような行動を促したいのか、目的を定めることも必要不可欠です。たとえば、自社サイトへの誘導なら自社サイトを訪れるメリットを動画内で強調するなど、目的がしっかりとしていれば自然と構成や演出が決まってきます。

目的が不明確な動画で人の心を動かすことは難しいため、制作する際には「視聴者に何をしてもらいたいのか」をきちんと定めておきましょう。

②動画の冒頭で視聴者を引き込む

プロモーション動画制作時に思い出したいのが、「冒頭の数秒で視聴者をどれだけ引き込めるか」ということです。冒頭部分は、動画に触れたほとんどの視聴者が目にします。最初の数秒で「面白そう」「続きが見たい」と思わせるポイントを作ることが、プロモーション動画では欠かせません。

ここで注意しておきたいのは、動画を発信するプラットフォームごとの特徴を押さえるという点です。Twitterの自動再生では音声が流れないため、音による効果は期待できません。YouTubeの広告では冒頭の5秒はスキップできないことが多いため、基本的に5秒間が勝負となります。

③ストーリー性のある動画で飽きさせない

視聴者に最後まで動画を見てもらうためには、ストーリー性を持たせることもポイントです。ストーリーがあれば飽きさせることが少ないですし、続きが気になると思わせることもできます。

そのためには、起承転結を意識した動画制作をする必要があります。動画における代表的な起承転結とは、「物語の始まりとなるきっかけ」「物語の続き」「物語の転換」「物語の締め」の4つの構成です。「起」がなければストーリーに興味を惹かれませんし、「承」がなければ「起」の部分が活かされません。

「転」がないと単調なストーリーになってしまい、「結」がしっかりしていないと結局何が伝えたかったのかがわかりづらくなります。起承転結にはそれぞれ重要な役割があることを覚えておきましょう。

企業のプロモーション動画の活用事例

プロモーション動画を作るうえで参考になる作品を、この段落でいくつか見ていきましょう。動画制作サービスのCrevo(クレボ)で制作したプロモーション動画の事例を紹介していきます。

ウェブプロモーション動画 不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」


出典:Crevo制作実績

動画の種類 実写動画
長さ・尺 30~60秒
費用レンジ 300万円~

不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)」のウェブプロモーション用動画です。「LIFULL HOME’S」なら「お城の近くに住みたい!」という無茶なお部屋探しも叶えてしまう魅力を紹介することで、サービスの利便性を訴求しながら、ポジティブなイメージを作っています。

<関連サービス>300万円以上の動画制作・映像制作

SNS用プロモーション動画 スマホゲーム「荒野行動」(女子高生編)


出典:Crevo制作実績

動画の種類 実写動画
長さ・尺 ~15秒
費用レンジ 300万円~

スマホゲームの「荒野行動」のSNS用広告動画です。ゲームの映像だけでは伝えきれない世界観を女子高生をキャストに迎え、実写も活用することでよりわかりやすく表現しました。冒頭の女子高生が廃墟に立つシーンでぐっと視聴者を引き込みます。

<関連サービス>300万円以上の動画制作・映像制作

ミールキット「キットオイシックス」SNSプロモーション用動画


出典:Crevo制作実績

動画の種類 実写動画
長さ・尺 15~30秒
費用レンジ 100~299万円

「キットオイシックス」のSNSプロモーション用動画では、レシピ付き献立ミールキットという高い利便性のある食品を、どこにでもいるような夫婦の生活を通して紹介しています。動画では極力セールス色が抑えられた作りをしており、日常的に自然と利用してほしいとの思いが込められています。

<関連サービス>100万円から299万円の動画制作・映像制作

プロモーション動画の実績豊富な制作会社に相談しよう

企業のブランディングや販促などのプロモーションには、動画の活用が欠かせないものとなっています。自社では制作技術が乏しいと感じた場合には、制作実績が豊富なプロに頼むことが最良の選択肢といえます。動画制作サービスのCrevo(クレボ)ではCrevoでは2000社4000件以上の動画制作実績があり、PR動画においても高いノウハウを保有しています。

動画制作でお悩みならCrevoへ

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、国内外約10,000名が登録している独自のクリエイターネットワークを生かして、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoの公式サイトはこちら

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

Crevoの関連サービス

テレビCM・プロモーションの動画制作・映像制作

ブランディングの動画制作・映像制作

関連記事

共感や感動につながる!5分でわかる効果的なブランディング動画の作り方

動画マーケティングとは?メリットや目的別のポイントと活用事例を紹介

動画広告の効果が高い理由やメリットは?事例や種類、費用を解説

関連記事