動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

動画制作の工数は削減できる?具体的な解決策も紹介

動画制作の工数は削減できる?具体的な解決策も紹介

動画制作の工数を削減したいものの、具体的にどのような形で工数削減したらよいのかわからないという方、いらっしゃるのではないでしょうか。工数管理が重要なのはもちろんのこと、工夫次第で工数は削減させることができます。

この記事では、動画制作における工数削減のメリットを解説し、具体的な方法まで紹介していきます。

工数とは

動画制作における工数削減について説明する前に、まずは工数の概念と、それを管理する重要性について見ていきましょう。

工数の概念

工数とは「作業時間」に近い概念を持っています。プロジェクトの完了や制作物の納品といった課題を達成するために、どのくらいの時間がかかったかを計る指標が工数です。工数は生産性や人件費などと深く関わるため、効率的に仕事を進めるためにも押さえておきたい概念といえます。もともと工数は、システム開発や製造業などで使用されていた用語でしたが、業種を問わず一般的に使用されるようになってきています。

工数は「人数×時間」で算出することが可能で、たとえば1人で3日かけて行った場合と、3人で1日かけて行った場合とでは、工数の結果は同じです。IT業界には「人月工数」という概念があり、1人月や2人月などと表現されることがあります。1人月は、通常ひとりの担当者が1日8時間、1カ月に20日働いた場合の工数を意味します。2人月の場合は、ふたりの担当者の稼働を想定した工数を指します。2人月よりも1人月で作業を終えたほうが、効率が良いといえます。

工数管理の重要性

工数管理を行い、工数をきちんと可視化・把握できれば、収益性や生産性の向上が期待できます。その結果、ビジネスに対して好循環が生まれる場合があります。

管理と聞くと経営者や管理者に関連性が強いと思われがちですが、社員一人ひとりが自分の工数を意識することも重要です。また、個々の社員が効率的に仕事を行えれば、企業全体の生産性が上がるだけではなく、個人が感じる残業などによるストレスが軽減される可能性もあります。心にゆとりを持って働くためにも、工数管理は重要だといえます。

動画制作で工数削減するメリット

工数は動画制作においても発生します。一般的に、工数削減によって得られるメリットとして挙げられるのは、生産性の向上と働き方の改善です。

動画制作における工数削減は、制作の効率化だけではありません。その後のプロモーションや動画の活用といった、それぞれの段階に設けられた目的の達成に関しても、高い重要度を持つケースが多いのです。工数削減ができて生産性が向上することで、上記のような制作以外の業務にも、人的リソースを割くことができるようになります。また、動画制作においても、生産性が上がればコスト削減と売上増につながる可能性があります。

さらに、個々の仕事の負担が減り、働き方の改善にまでつなげられれば、残業や精神的負担の軽減が期待できるでしょう。これは、生産性がますます上がる場合だけではなく、社員のモチベーション維持にも貢献する場合があります。細かな作業の多い動画制作の制作現場では、集中力を保ちるづける必要があります。視聴者が魅力的に思える動画にするためには、制作者自身がまず取り組んでいる仕事に対して魅力を感じられ、可能な限りストレスの低い状態であることが大切なのです。

動画制作で工数削減する具体策

動画制作で工数削減するためには、どのような具体策があるのでしょうか。ここでは、VIDEO SQUAREを運営している動画制作サービスのCrevo(クレボ)の手がける4つのサービスから具体策を紹介していきます。

動画制作サービスの利用

動画制作サービスを利用することで、工数の削減につなげることができます。自社内で動画を制作する場合、企画や設計はもちろんのこと、必要機材や撮影場所の手配など様々な業務が発生します。動画制作サービスを利用すれば工程の一部またはすべてを任せることは可能で、動画制作に関するさまざまな面でサポートを受けることができます。

その結果、動画制作に関する工数の削減につなげられる可能性が高くなります。動画制作サービスのCrevoでは、要望やコストにあわせた柔軟な提案が可能です。また、相談することで新しいアイデアが生まれたり、逆にできないと思っていたアイデアが実現できたりする場合もあります。

動画に対するアイデアがあってもなくても、プロに相談すれば表現の幅や可能性が広がるでしょう。もちろん、動画制作サービスを利用すると制作を進めるうえでコストは発生します。しかし、実写の場合はキャストとして社員の出演を依頼したり、撮影シーンを絞ったりと工夫次第ではコストを低く抑えられるケースもあります。

制作管理ツールの導入

制作管理ツールを導入することでも、工数削減が期待できます。工数を圧迫する理由で多いのが「間接作業」と呼ばれるものです。これは、直接的に売上を生み出すわけではない作業のことを指し、動画制作においては指示修正作業やスケジュール管理などが該当します。動画制作を自社で行う場合、さまざまな工程の管理を複数のツールを利用して行っているケースが多いでしょう。しかし、この方法だと効率が悪く、工数削減になっていないことが少なくありません。

この問題を解決するには、動画制作の管理を一元化できるツールの導入が適しています。管理方法をシンプルにすることで工数削減が可能なケースもあるので、便利なツールがあれば積極的に活用していきましょう。また、動画制作サービスのCrevoは「Crevo Base(クレボベース)」という制作進行をするうえで必要な機能に特化したツールを提供しています。たとえば、指示を受けての修正作業やスケジュール管理、ファイル管理などがCrevo Baseだけで簡単に行えるので便利です。

クリエイター派遣サービスの利用

工数削減をするうえで、クリエイターに動画制作の代行を依頼するのも一案です。動画制作サービスのCrevoでは、信頼と実績がある動画クリエイターを派遣する人材サービスの「Crevo Partners(クレボパートナーズ)」を展開しています。ディレクター・エディター・カメラマンなど幅広い動画クリエイターが登録しており、必要な業務に応じた動画クリエイターの派遣が可能となります。また、動画作品の質を落とさずに工数削減が実現でき、コストや仕事の依頼方法も個々の企業やプロジェクトにあわせて柔軟に対応可能なのも魅力です

クリエイター派遣サービスを上手に活用することで、コストと工数の削減につなげられる可能性があります。そのため、まずは問合わせをして、自社が必要としているニーズに合致する人材がいるか探してみるとよいでしょう。

企業とプロ動画クリエイターをつなげるマッチングサービスの活用

動画制作は依頼したことが過去にあるものの、制作された動画の質にもう少しこだわりたかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方向けに、企業とプロ動画クリエイターをつなげるマッチングサービス「Crevo Jobs(クレボジョブズ)」を展開しています。特徴のひとつとして、複数のクリエイターから制作要望に合わせた提案やお見積もりを受けられるというポイントがあります。複数社から相見積を取る手間を省くことができ、スピーディーに制作を依頼することができます。

動画制作における工数削減に取り組もう

動画制作において工数を削減するには、様々な方法があります。優れた動画制作サービスや、制作管理ツールおよび人材派遣サービスを活用することで、満足度の高い動画を制作することができます。動画制作サービスのCrevoでは動画制作に関する幅広い要望を叶えるサービスを提供しているので、ぜひご相談ください!

Crevoの関連サービス

動画制作サービス「Crevo(クレボ)」

クリエイティブ制作管理ツール「Crevo Base(クレボベース)」

動画クリエイター派遣サービス「Crevo Partners(クレボパートナーズ)」

プロ動画クリエイターマッチングサービス「Crevo Jobs(クレボジョブズ)」

関連記事