動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

制作管理ツールでクリエイティブ制作は快適になる?導入のメリットとは

制作管理ツールの導入で効率的に仕事を進める女性

「自社に制作管理ツールを導入すれば、仕事が効率的に進められるのでは」とツールの導入を検討されているという方、いらっしゃるのではないでしょうか。また、検討はしているものの、導入すべきかまだ悩んでいるという方もいらっしゃるかもしれません。

この記事では、制作管理ツールのメリット・デメリットを解説し、導入すべきケースと不向きなケースの両方を紹介します。

制作管理ツールとは

「制作管理ツール」は、クリエイティブやコンテンツの制作管理に特化したツールのことを指し、タスク管理や進行状況の管理・共有といったさまざまな機能をもちあわせています。タスク管理から制作物の納品まで一元的に管理できるため、制作業務の利便性の向上が期待できます。

制作管理ツールを導入する目的は様々ですが、業務効率化による生産性および品質の向上を目的とするケースが多いです。制作管理ツールのメリット・デメリットについては後ほど解説していきます!

さらに、アプリで管理できるタイプもあるので、外出中でも利用可能など、様々な状況に対応した利便性ももちあわせているケースも多いです。

導入前に、どんな場面での利用を想定しているか事前に整理しておくと制作管理ツールも選びやすくなるかもしれません。

制作管理ツールを導入するメリット・デメリット

制作管理ツールの導入には、メリットとデメリットの両面があります。ここでは、それぞれについて詳しく解説していきます。

メリット

制作管理ツールのメリットとしてまず重要なのは、業務を「見える化」できる点です。制作には通常、企画、構成、修正などさまざまな工程があり、それらを別々のツールを使って作業しているという方も多いのではないでしょうか。制作管理ツールを使用すればワンストップで一元管理ができるので、制作に集中することができます。

また、制作に関わる工数を削減できれば、別の業務にリソースを割けることもメリットです。こういったツールの導入がもたらす効率化により、従業員の残業時間を減らすことができれば、ワークライフバランスも整えることができます。クリエイターが豊かな心で仕事に従事できれば、画期的なアイデアや斬新な企画も生まれやすくなるかもしれません。

デメリット

デメリットとしては、継続的に利用料金としてランニングコストがかかることがあげられます。
利用できる範囲によって異なるプランを用意しているケースも多いので、基本的なベーシックプランから始め、必要機能に応じてアップグレードすることで費用を抑えた利用が可能となります。

また、制作管理ツールを利用した経験がなかったり、従来のやり方に慣れていたりするケースでは、操作を覚えるまで多少の時間がかかる場合もあります。
ただし、各種制作管理ツールはデザインも使いやすいように工夫されているため、直感的に操作できるものが多いことも事実です。こういったツールがどういったものかを詳しく知りたい場合には、問い合わせてみたり、無料トライアルを利用したりすると、不安解消や理解促進に役立ちます。

自社で制作管理ツールを導入すべきケース

クリエイティブ制作において、社内工数が膨れ上がってしまう課題を抱えている企業は少なくありません。フローが煩雑になっていくと、自然と作業の抜け漏れや修正の見落としなどが大きな問題の引き金になる恐れがあるので注意が必要です。こういったケースでは、作業を一元化できる制作管理ツールの存在は、業務効率化の強い味方になります。また、現状のやり方ですべてのクリエイティブ制作の進捗状況をひと目で把握できていない企業に対しても、制作管理ツールは適しています。

加えて、ディレクション業務で恒常的に残業が発生しているケースでもこういったツールは役立つので、これらに該当する企業は導入を検討することで問題を解決できる可能性が高まるでしょう。

自社で制作管理ツールの導入が向かないケース

一方で、制作管理ツールを導入しても、期待するほどの効果が得られないケースもあります。たとえば、制作を外注しているなど自社で制作する量が少なかったり、制作に関わっている社員が1〜2人と限定的だったりする場合には、導入する必要はないといえるでしょう。

ただし、外注先とのやりとりにも制作管理ツールは活用できるので、外注しているからといってまったく導入が必要ないというわけでもありません。外注していても場合によっては利用価値が高いこともあります。

制作管理ツール「Crevo Base(クレボベース)」

制作管理ツールのひとつとして「Crevo Base」を見ていきましょう。ここでは、本ツールの概要を説明し、制作管理機能と仕事管理機能の特徴ついてもあわせて解説していきます。

「Crevo Base」とは

「Crevo Base」は、動画やクリエイティブの制作現場で必須となる機能を搭載した、制作管理ツールです。こちらを実際に運用した結果、ディレクターの業務効率が上がり、納品数・売上共に約300%増を達成した事例もあります。

また、本ツールの魅力は、受注・発注、あるいは制作者・管理者を問わず、制作に関わるすべての人がより快適に利用できるよう開発されている点です。無料トライアルが可能で、それぞれの利用用途にあわせたプランを提供しているので、無駄なコストを払わずに利用できることもメリットです。

「Crevo Base」無料トライアルはこちら

制作管理機能の特徴

Crevo Baseの制作管理機能は、スケジュール管理やチャット、ファイル管理などを一元化できるため、さまざまなツールを併用せずにCrevo Baseひとつだけで対応可能です。ツールがひとつにまとまることで引き継ぎのミスや見落としを防げるため、業務の効率化が期待できます。クリエイティブな仕事では工程ごとに担当者が変わることがしばしばありますが、引継ぎが必要な場合もCrevo Baseのみで完結します。

制作管理ツールの導入を検討してみよう

制作管理ツールを導入することで、生産性の向上や、クリエイターや担当者のストレス軽減など、さまざまなメリットが期待できます。もしも制作の効率が悪いと感じているのなら、必要性を見極めたうえで導入を検討してみてはいかがでしょうか。制作業務の効率化のためにも、Crevo Baseをぜひチェックしてみてください!

 Crevoの関連サービス

クリエイティブ制作管理ツール「Crevo Base(クレボベース)」

関連記事