動画に字幕を入れる効果とは?事例付きでポイントや注意点を解説

せっかく制作した動画も内容が伝わらなければ意味がありません。さまざまな表現方法でメッセージを伝えますが、特に文字によるインパクトは大きいといえます。言語が異なる場合に限らず「字幕」という文字による表現を使うことで、しっかりと内容が伝わり動画の効果をより高めることができます。

この記事では、動画に字幕を入れることで得られるメリットや字幕を入れるときのポイントについて紹介します。

オンラインウェビナー

【TikTok採用20分ウェビナー】母集団形成を実現する現代の採用手法とは?

日時

2024年5月24日(金)13:00 ~ 13:20

動画制作時に字幕を入れるメリット

アクセシビリティが向上する

映画などでなじみのある字幕は、字幕本来の目的で利用されています。字幕の本来の目的はアクセシビリティの向上です。外国語がわからなくても字幕を読むことで内容を理解するためのものになります。

動画において、字幕があれば外国語だけでなく、耳が不自由な聴覚障害者やお年寄りでも内容を理解することができますので、より多くの視聴者にメッセージを分かりやすく伝えることができます。

バリアフリーやユニバーサルデザインが一般化している中、動画の字幕は、アクセシビリティを向上させるうえで不可欠なものとなっています。

マナーモード時でもミュート再生できる

現在ではモバイルデバイスが増え、スマートフォンで動画を見るようになりました。その場合、屋内でじっくり見るというより移動中に視聴するというケースが少なくありません。その場合、マナーモードのまま気軽に見るにはミュート再生での視聴になります。

このような動画視聴を考慮に入れると、字幕は外せないものになります。音声なしで再生をしても動画の内容が伝わるように字幕に工夫をします。

動画を展示会などで利用する場合も、ミュート再生と同様に音が聞きづらい環境にあります。このような場合にも字幕を利用してメッセージや内容をしっかりと伝えることができます。

インバウンドに対応できる

インターネットによるグローバル化や海外からの観光客が増えていることを考えると、動画においてもインバウンド対策は重要な戦略です。

日本語だけでなく、英語や中国語、韓国語はもちろんのこと、フランス語やドイツ語など世界中の人たちが動画を見て内容を理解してもらえるような字幕をつけることで、インバウンド集客の大幅な増加が期待できます。

動画制作のサービスを提供するCrevo(クレボ)では、世界50カ国語での翻訳の実績がある多言語対応を行っています。

動画制作時に字幕をいれる際のポイント

1秒間に4文字が目安

字幕は映像が流れている間に映像を見ながら読むことになるテキストです。そのため、その映像に合わせた字幕を、映像が流れている時間に入れ込むことになります。短時間にたくさんの字幕を入れてしまうと、読み終わることができずに映像と字幕が次へ移ってしまい、内容が理解できなくなります。

字幕の量は、日本語であれば「1秒間に4文字」が目安と言われています。アルファベット表記であれば「1秒間に10文字」程度になります。例えば、10秒間の英語ナレーションに字幕を付ける場合は、40文字程度が最適です。

長すぎない文章

字幕はテキストを読ませるものではありますが、映像を追いながら読むものですので、できるだけ簡潔な言葉にします。同じ文字量であっても、一つの文章が長いと、その分理解するのに時間がかかってしまい、結局分からずじまいに終わります。

余計な修飾語をなくしたり、短い文章で表現したりするといったシンプルさが求められます。字幕はじっくりと読ませて理解してもらうのではなく、さっと読んで理解できることが重要です。

フォントや文字色にもこだわる

映画などの字幕とは異なり、商用で利用する映像の場合は、伝えたいこと、意識してほしい文章がはっきりとしています。そのため、表示する文字のフォントや文字色にも変化をつけてみることも大切です。

また、映像全体を見たときのバランスやこだわりも必要になります。映像にのせたときに、バックの色と合わさって読みにくいといったことのないように視認性を意識することが大事です。さらにフォントや文字色を変えるといっそうのインパクトを出すことができます。

画面サイズに注意

もう一つ気にしたいのが、映像が流れる画面サイズです。映画やイベント会場などで利用される大画面スクリーンと、パソコンのディスプレイ、スマートフォンの画面では、字幕の入れ方はまったく異なってきます。

字幕があるのはわかるが、なんと書いてあるかがわからないのでは意味がありません。どのようなサイズで表示されることを前提にした映像なのかをはっきりとしたうえで、字幕をどのように入れていくかを検討するようにします。

字幕の入った動画の制作事例

字幕にはさまざまなメリットがあることを紹介してきましたが、ここでは実際にどのような映像があるかのCrevoの制作事例を紹介します。それぞれの動画がどのように表現されているかを確認してみましょう。

株式会社チョイスホテルズジャパン 会員制度「Choice Guest Club」サービス紹介動画

出典:Crevo制作実績

動画の種類アニメーション動画
長さ・尺60~120秒
費用レンジ100~299万

コンフォートホテルの会員制度「Choice Guest Club(チョイスゲストクラブ)」のサービス紹介動画です。海外展開をしているホテルチェーンのため、外国人の視聴も想定し、英語のナレーションを入れています。

<関連サービス>100万円から299万円の動画制作・映像制作

グループメイラー「メールワイズ」広告用動画

出典:Crevo制作実績

動画の種類アニメーション動画
長さ・尺15~30秒
費用レンジ50~99万

グループメイラー「メールワイズ」の広告用動画です。メールワイズの特徴をなぞかけ形式で訴求しています。文字に躍動感をつけてみせることで、よりインパクトの残る動画に仕上がっています。

<関連サービス>50万円から99万円の動画制作・映像制作

タクシー広告用動画 採用管理プラットフォーム「HERP ATS」

出典:Crevo制作実績

動画の種類実写動画
長さ・尺15~30秒
費用レンジ300万~

シンプルながらも、動画の演出を邪魔せずかつ見やすい字幕です。セリフの文字数も多くないため、一回に出る文字数も多くなく、読みやすくなっています。字幕入り動画を制作する際は、字幕を入れることを念頭に台本を制作しましょう。

<関連サービス>300万円以上の動画制作・映像制作

字幕の入った動画制作でアクセシビリティを向上させよう

動画においては、表現している映像に字幕を入れることでインパクトの強いメッセージを出すことができます。また、アクセシビリティを高めることにつながりますので、より幅広い視聴者を得ることにもつながります。

一方で、字幕は良いことばかりとはいえません。映像の邪魔をしてしまうのではという心配もあります。こういった心配をなくすためにも字幕をうまく動画に入れるコツを熟知している制作実績が豊富なプロに制作を頼むのがおすすめです。

動画制作サービスのCrevo(クレボ)では多くの字幕付き動画の制作に携わってきました。ぜひ一度ご相談ください。

動画制作におすすめのCrevo

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約10,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoの公式サイトはこちら

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

Crevoの関連サービス

多言語対応の動画制作・映像制作

DXの動画制作・映像制作のソリューション

サービス紹介の動画制作・映像制作

執筆者

VIDEO SQUARE編集部
VIDEO SQUARE編集部
VIDEO SQUAREは、「動画制作・映像制作」「動画マーケティング」「動画活用」「動画トレンド」などに関連したトピックを取り扱うオウンドメディアです。 2,000社10,000件という業界トップクラスの動画制作実績を持つ「Crevo株式会社(クレボ)」が運営しています。

サービス・商品紹介動画の関連記事

広告・PR動画の関連記事

幅広い表現を活用した動画制作・映像制作


動画制作の目的や課題、予算、コンセプトなどに合わせて最適な表現方法をご提案します。

【TikTok採用20分ウェビナー】母集団形成を実現する現代の採用手法とは?

オンラインウェビナー

日時

2024年5月24日(金)13:00 ~ 13:20

【TikTok採用20分ウェビナー】母集団形成を実現する現代の採用手法とは?

日時

2024年5月24日(金)13:00 ~ 13:20

オンラインウェビナー

動画制作・映像制作をご検討の方
まずはお気軽にご相談ください!

050-1742-3575(受付時間/平日10:00~19:00)

動画制作・映像制作のCrevoとは
動画制作会社Crevo(クレボ)は2,000社10,000件以上のアニメーション・実写動画を制作してきた実績をもとに低価格・高品質な動画でお客様のビジネス課題の解決にコミットします。パートナー企業とも連携をし、動画を掲載する先のLPやサイト設計・ユーザーを集客するための広告運用までサポート可能です。また、全体的なプロジェクト総予算の配分見直しを行った上で、企画段階からの制作も、YouTube動画編集を部分的に依頼したいなどの一部業務のご依頼も可能です。
サービス紹介、アプリ紹介、YouTube広告、SNS動画、TVCM、インタビュー、展示会、採用、学校紹介、会社紹介、ブランディング、マニュアル動画を制作するために最適なクリエイターをアサインしてプロジェクトチームを作り、適切な価格で制作いたします。