TikTokプロモートとは?効果の最大化とメリット・デメリット、成功事例を紹介


若者を中心にメジャーなアプリとして浸透しているTikTok。そんなTikTokの中で広告を打てば、若い世代や動画好きなユーザーにピンポイントで情報を流すことができるでしょう。

この記事では、TikTokのプロモートについて、メリットとデメリット、費用、利用方法などをお伝えしつつ、注意点についても解説していきます。

これからTikTokプロモートを利用したいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。
お役立ち資料集

オンラインウェビナー

【TikTok採用20分ウェビナー】母集団形成を実現する現代の採用手法とは?

日時

2024年5月24日(金)13:00 ~ 13:20

TikTokのプロモートとは?

TikTokのプロモート機能とは、サービス内で使える広告ツールを指します。動画の視聴回数、コメント数、動画からコンタクトを取ったユーザーの統計、動画からWebサイトへのアクセス数・人数などのデータを得ることができます。

プロモートによって得た情報を精査すれば、フォロワー数の獲得や新たなアイデアの創出、また企業やアカウントの認知度向上といった効果が期待できます。

TikTokのプロモートを利用するメリット

TikTokでプロモート機能を使うことで得られるメリットは、大きく3つあります。

  • 動画の視聴回数を伸ばす
  • 費用対効果が高い
  • 商品やサービス、企業の認知度向上

どのようなメリットがあるのか、ここできちんと知っておきましょう。

<関連記事>
採用動画「営業製作所 内定式モチベーション向上動画」

動画の視聴回数を伸ばす

TikTokのプロモート機能では、不特定多数のユーザーに向けておすすめ欄などに対象の動画を流してもらえます。視聴者数、視聴回数の増加が期待できるため、多くの企業やクリエイターが活用しています。

プロモート機能で普段と違う層へ動画を届けることができ、フォロワー増加などの効果も期待できるでしょう。
さらに、TikTokのユーザーは国内に限らないため、海外ユーザーに向けたプロモーションにも向いていると言えます。

TikTokを始めたばかりの企業やクリエイターにとって、プロモート機能は手っ取り早く多くのユーザーに動画を届けられる便利なツールなのです。

費用対効果が高い

TikTokのプロモート機能は、決して高額なサービスではありません。低予算で自社の商品やサービスを広範囲に認知させたいとき、手軽に利用できます。

一般的には、1回の広告表示回数に対してかかる費用は0.1〜0.2円程度とされています。

また、TikTokのプロモート動画は一見広告らしくなく、自然な形で他の動画に紛れ込んでくれることも特徴です。ユーザーからすれば、知らず知らずのうちに動画を最後まで見てしまうということも珍しくありません。

自社の商品やサービスを自然に無理なく視聴者に訴求できるのも、他の媒体にはないTikTokのプロモートならではの魅力です。

商品やサービス、企業の認知度向

TikTokのプロモート機能では、狙ったユーザー層にピンポイントで商品やサービスを宣伝することができます。そのため、届いて欲しい層に情報をしっかり届けられ、より高い認知度向上の効果が期待できます。

商品やサービスの認知度が上がれば、企業の活動にも多くの利益をもたらしてくれるでしょう。

また、TikTokのプロモート動画からは自社のWebサイトへ誘導することもできます。ブランディングを目的とした、効率的なマーケティング施策が可能です。

TikTokのプロモートを利用するデメリット

TikTokのプロモートには多くの魅力的なメリットがありますが、一方でデメリットと言える側面も存在します。

  • 売上への直結はあまり望めない
  • ステマを疑われる

ここでは、TikTokのプロモート機能を使うことによるデメリットについて解説します。

売上への直結はあまり望めない

TikTokのプロモート機能では、通常と同じ形式の動画が用いられます。
ユーザーの興味を引いたり認知度を向上させたりするといったことはできても、動画から直接商品購入などの売上に繋がるアクションはあまり期待できません。

売上向上のための広告を打ちたいのであれば、TikTokのプロモート機能より上位と言えるTikTok広告枠を利用するのがおすすめです。

目的に合わせて、プロモートと広告枠を使い分けましょう。

ステマを疑われる

TikTokのプロモート機能は広告であることを明示してはいるものの、一部のユーザーからはステマ(ステルスマーケティング)を疑われ嫌厭されてしまう可能性があります。

ステマとは、例えば有名YouTuberに依頼してあたかも「依頼ではないけれど、この商品は私が個人的におすすめするものです」といった内容を投稿するものを指します。案件である事を隠す=ステルス、商品を売る=マーケティングという意味を組み合わせた言葉としてとらえてください。

もちろん、TikTokのプロモート機能はステマではないのですが、稀にステマ扱いされて理不尽に叩かれたり炎上したりすることもないとは言えません。動画作成の際に、炎上リスクを避ける工夫が必要です。

TikTokのプロモートにかかる費用

TikTokのプロモート機能は有料です。支払いはアプリ内の課金アイテムである「コイン」でおこない、1コインは1.85円ほど。プロモートの最低利用額は350コイン/24時間なので、だいたい647.5円ということになります。

1日当たり647.5円から、TikTok内で広告を打てると考えるとリーズナブルな機能であると言えます。

TikTokのプロモートの利用の流れ

TikTokのプロモート機能を使うときは、5つのステップを踏みます。

1. 「クリエイターツール」を表示
2. 「プロモート」を選択し、設定をおこなう
3. 費用を設定する
4. プロモート開始

アプリ内のプロフィール画面右上のメニューから「クリエイターツール」を選択し、「プロモート」の設定と投稿準備を進めてください。利用目的やオーディエンスを決めていきます。

費用の設定は1日に必要な予算額とプロモート実施期間から算出できます。まずは少額から試すこともできるので、目的に合わせて設定してください。

全ての設定が完了したら、さっそくプロモートを始めましょう。

TikTokのプロモートを利用する際のポイント

TikTokのプロモート機能を使えば誰でも良い効果をすぐに手に入れられるというわけではありません。
利用する際には、ポイントを押さえて活用することが大切です。

ここでは、TikTokのプロモート機能を使う際に知っておくべき3つのポイントについて解説します。

共有・保存・コメントしたくなる動画を作る

ユーザーに対して効果的であると言える動画に共通するのは、「共有・保存・コメントしたくなる」ということです。

ユーザーが「保存しておこう」「誰かに共有したい」「コメントしたい」と思えるきっかけのある動画は、プロモーション効果を大きく引き上げてくれます。

例えば、身近な収納術などを紹介するとユーザーは「あとで見ながら収納してみよう」と保存してくれますし、わかりやすいオチのある動画ならユーザーは思わずコメントしたくなるでしょう。

せっかくプロモート機能を使うなら、共有・保存・コメントしたくなる動画を目指して制作してみてください。

プロモートの目的を明確化する

プロモート機能と言っても、クリエイターや企業によって目的は異なります。自分、あるいは自社がどのような効果を求めているのか、何を目的にプロモート機能を利用するのか、最初に明確化しておきましょう。

「自社サイトへ誘導したい」「TikTokのフォロワー数を増やしたい」「動画の視聴回数を伸ばしたい」など、目的に合わせた動画制作やターゲット選びはプロモーションにおいてとても重要です。

闇雲にプロモート機能を使うのではなく、目的をしっかり見据えて利用していきましょう。

プロモートのターゲットを明確にする

プロモート機能では、ターゲットの設定を自分でおこないます。動画内容や伝えたい情報によって、アプローチしたい年齢層や性別をしっかり絞り込みましょう。

TikTokのメインユーザー層は10〜20代の若者です。若年層を狙った内容なら、視聴回数の増加が狙えるでしょう。逆に、中高年向けの内容ではなかなか視聴回数は伸びないことが予想できます。

TikTokのプロモートを利用する際の注意点

TikTokのプロモート機能は便利な反面、注意点を押さえておかないと失敗してしまうこともあります。
以下の点に気をつけつつ、プロモート機能を利用しましょう。

  • 楽曲の著作権と規制
  • 運営の審査

楽曲の著作権と規制

動画に使った楽曲が著作権で保護されている場合、TikTokのプロモートに使用することはできません。

プロモートできる音声は、オリジナルのものか商用利用が可能なもののみです。自社のオリジナル楽曲や商用利用できるフリー音源などを使って動画を作成しましょう。

商用利用可能な音声素材は配布用サイトなどで収集できるので活用してください。また、TikTok内にも商用利用可能な音源は用意されているので、そちらを選択しても良いでしょう。

運営の審査

プロモート機能は有料とは言え、どんな動画でも投稿できるわけではありません。プロモート動画を作成したあとは運営の審査が入り、クリアすれば無事にプロモートが開始されますが非承認となると動画の修正が必要になります。

TikTokガイドラインおよび広告ポリシーに掲載可能なコンテンツ、また禁止事項について明記されているのでチェックしておきましょう。

どうしても解決できない場合は、プロモート動画のどこがNGなのか運営に問い合わせるのもおすすめです。

TikTokプロモートでの成功動画事例

CrevoではこれまでTikTokを使ったプロモート動画を数多く制作してきました。さまざまなタイプの動画に対応しているので、これからTikTokプロモートの活用を検討している方は気軽にご相談ください。

ここでは実際のTikTokプロモートの成功動画事例をいくつかピックアップしてご紹介します。

株式会社I-ne

こちらはTikTokのインフィード広告で利用可能なハッシュタグターゲティングを活用した成功事例です。
ハッシュターゲティング機能とは、特定のハッシュタグが付いた動画を視聴したユーザーをターゲットにしたマーケティングの手法です。
今回はヘアケア用品のキャンペーンであるため「#トリートメント」「#ヘアケア」「#ヘアオイル」の3つのハッシュタグを利用することによって完全視聴率が2倍以上に増加してます。

出典:TikTok for Business(TikTok広告) 活用事例

日本テレビ

2023年から日本テレビ系列で放送されているアニメ「葬送のフリーレン」。そのプロモーションにもTikTokが活用されて、作品の大ヒットを支えています。
TikTokはエンターテイメント系のコンテンツに興味を持った層によって利用されています。そのため、アニメなどの番組宣伝との相性が良く、多くの視聴者を獲得することに成功しています。

出典:TikTok for Business(TikTok広告) 活用事例

プロトコーポレーション

こちらは中古車情報メディアである「グーネット」によるTikTokの活用事例です。もともと「グーネット」ではテレビCMを中心としたマーケティングを展開してきました。
しかし、近年ネット広告にシフトしはじめ、中でもTikTok広告が高い効果を発揮しています。自動車購入方法の認知向上を低リーチ単価で実現しています。

出典:TikTok for Business(TikTok広告) 活用事例

エン・ジャパン

エン・ジャパンが展開している「エン派遣」のプロモーションでもTikTokが活用されています。もともと、人材業界のWeb広告は静止画を使ったものが中心となっていました。
そんな状況の中でいち早くTikTokを使った動画広告を導入することによって他者との差別化に成功し、CV数を約4倍にまで伸ばすことに成功しました。

出典:TikTok for Business(TikTok広告) 活用事例

GEMCEREY GROUP HOLDINGS

GEMCEREY GROUP HOLDINGSが展開しているプレミアムジュエリー&ファッション小売りであるGEMCEREYでもTikTokを使ったプロモーションを行っています。
高額商品を取り扱っている同店ですが、TikTokで幅広い層にアピールすることに成功した結果、ブランドの認知度を高めることに成功しています。

出典:TikTok for Business(TikTok広告) 活用事例

まとめ

若者を中心に莫大な人気を誇る動画投稿SNS「TikTok」。若年層をターゲットにした広告を打つのにはうってつけの媒体としても注目を集めています。

そんなTikTokにはプロモート機能があり、1日あたり647.5円から動画をターゲット層のユーザーへ届けることができます。

しかし、TikTokのプロモートにはオリジナリティや魅力のある動画が不可欠です。実際にやってみたいと考えても、動画制作で躓いてしまうことも少なくありません。

そこで動画制作ならCrevoがオススメです。Crevoは2,000社10,000件の動画制作・映像制作実績から培ったノウハウに基づいて、大手制作プロダクションと同等レベルの企画力を低価格で提供できます。また、弊社プロデューサー/ディレクターが進行管理やクオリティ管理を徹底しています。

執筆者

VIDEO SQUARE編集部
VIDEO SQUARE編集部
VIDEO SQUAREは、「動画制作・映像制作」「動画マーケティング」「動画活用」「動画トレンド」などに関連したトピックを取り扱うオウンドメディアです。 2,000社10,000件という業界トップクラスの動画制作実績を持つ「Crevo株式会社(クレボ)」が運営しています。

サービス・商品紹介動画の関連記事

会社紹介動画の関連記事

広告・PR動画の関連記事

幅広い表現を活用した動画制作・映像制作


動画制作の目的や課題、予算、コンセプトなどに合わせて最適な表現方法をご提案します。

【TikTok採用20分ウェビナー】母集団形成を実現する現代の採用手法とは?

オンラインウェビナー

日時

2024年5月24日(金)13:00 ~ 13:20

【TikTok採用20分ウェビナー】母集団形成を実現する現代の採用手法とは?

日時

2024年5月24日(金)13:00 ~ 13:20

オンラインウェビナー

動画制作・映像制作をご検討の方
まずはお気軽にご相談ください!

050-1742-3575(受付時間/平日10:00~19:00)

動画制作・映像制作のCrevoとは
動画制作会社Crevo(クレボ)は2,000社10,000件以上のアニメーション・実写動画を制作してきた実績をもとに低価格・高品質な動画でお客様のビジネス課題の解決にコミットします。パートナー企業とも連携をし、動画を掲載する先のLPやサイト設計・ユーザーを集客するための広告運用までサポート可能です。また、全体的なプロジェクト総予算の配分見直しを行った上で、企画段階からの制作も、YouTube動画編集を部分的に依頼したいなどの一部業務のご依頼も可能です。
サービス紹介、アプリ紹介、YouTube広告、SNS動画、TVCM、インタビュー、展示会、採用、学校紹介、会社紹介、ブランディング、マニュアル動画を制作するために最適なクリエイターをアサインしてプロジェクトチームを作り、適切な価格で制作いたします。