動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

ギークス株式会社 × 動画でリブランディング

インタビューのワンシーン

多くの企業が魅力的なサービスを提供する中で、差別化の手法として企業メッセージを伝える「ブランディング」があります。そして、次のフェーズとして育て上げたブランドを時代に合わせて再構築する「リブランディング」というものもあります。今回は、そんな「リブランディング」のひとつとして動画制作に取り組んだギークス株式会社の広報の松井様にお話を伺いしました。

事業モデルを深く正しく伝える見せ方

今回お話を伺ったギークス株式会社では、「21世紀で最も感動を与えた会社になる」をグランドビジョンに掲げ、ITフリーランスの働き方支援やITフリーランスと企業のマッチング事業を展開しています。

当時の松井様の業務内容について教えてください。

「ギークスをより多くの方に知ってもらい、ギークスファンを増やす」というミッションのもと、事業・会社のことを社外に発信し、ブランドや評判などの「目に見えない資産」の形成につながるよう活動しています。その中で、コーポレートサイトのリニューアルに際して、事業内容をよりわかりやすく伝えるための方法を探っており、「動画」を検討することになりました。

具体的に「動画」を導入しようと思った背景は何でしたか?

今回のサイトリニューアルの目的のひとつに、事業メッセージを改めて整理し打ち出す、「リブランディング」がありました。ビジョンは変えず、キャッチコピーやサイトデザインを一新しました。

私たちのメッセージを、よりわかりやすく伝えたいと思っていたところ、たどり着いた手法が動画でした。特に、アニメーション動画は見やすくイメージがつきやすいことから、制作を決めました。

今回の動画制作を通して叶えたかったことは何ですか?

動画の役割としては、事業内容・ビジネスモデルの理解促進が一番の目的でした。弊社のIT人材事業モデルがITフリーランスと企業の方をマッチングする業務委託のスタイルなのですが、よく派遣や人材紹介と誤解されることが多く、その誤解をなくし、正しく伝えたいという背景がありました。

マッチングサービス

また、動画を通して事業の伝え方の統一という狙いもありました。営業ツールとしての活用以外にも、採用活動でも活用する想定で制作に着手しました。

双方向のクライアントに違和感のない設計

今回の動画のポイントについて教えてください。

出典:Crevo制作実績

今回は、コーポレートサイトのリニューアルとタイミングを合わせたので、クリエイティブの部分ではサイトの世界観と合わせることを意識しました。サイトはコンセプト重視の見せ方にこだわっており、温かみのある色味の中で、メッセージを主張したい箇所は英語でキーワードを目立たせています。動画でも色使いも含めてトンマナを合わせていていただきました。

逆に今回の動画制作で苦労した部分はどこでしたか。

IT人材事業モデルが双方向のクライアントを相手としているため、その見せ方に関して、制作時にかなりご相談させていただきました。特にシナリオ作りにおいて、企業向けのメッセージとITフリーランス向けのメッセージをひとつの動画にいかにまとめるかが難しかったです。

Crevoさんに相談させていただく中で、企業向けメッセージをメインにしながらも、ITフリーランスが見ても違和感のない設計になりました。 例えば、冒頭でIT人材不足の深刻化の現状を見せることで、社会問題を提議し、企業へ警鐘を鳴らしています。

IT人材不足が深刻化

そして、 ITフリーランス向けには、働き方支援として提供している福利厚生サービスの内容にふれています。

福利厚生

双方向のメッセージとなると、あれもこれもと盛り込みたい要素が非常に多く、つめこんでしまうところでしたが、クリエイターさんがコンパクトに絞り込んでくださったことで、テンポの良い動画に仕上げることができました。客観的に見ていただき、情報を取捨選択していただいたおかげで、より良い動画につながったと感じています。

「事業モデルがわかりやすくなった」という嬉しい声

どんな場面で動画は活用されましたか?

コーポレートサイトの事業紹介ページに掲載した他にも、採用活動では会社説明会で放映したり、求職者に配布する資料の最後のページにQRコードを載せたりと幅広く活用しています。また、今後は株主総会などの場でも活用できるのではと考えています。弊社が上場したてのタイミングでもあるので、弊社のことを知ってもいただくうえで有効だと考えています。

動画の反響はいかがでしたか?

他社の広報さんから「事業モデルがわかりやすくなった、自社でもこういう動画を作りたい」という声を多くいただきました。アニメーションだと実際にクリエイターが手を動かす分費用がかかるイメージを持つ知り合いも多く、かかった費用を伝えると驚かれます。

動画制作サービスのCrevo

Crevoのプロデューサー

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、今回ご紹介した事業紹介動画をはじめ、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoで動画制作・映像制作がしたくなったら…

・無料相談・お見積りはこちら

・資料ダウンロードはこちら

Crevoの関連サービス

会社・学校・施設紹介の動画制作・映像制作

関連記事