コラム

2014年05月26日

あなたは説明できますか?配信側から見たYouTubeとUSTREAMの違い

posted by VIDEO SQUARE 編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加

自社でも動画マーケティングにチャレンジしたいと考えたときに、多くの方がまず思い浮かべるYouTubeUSTREAM

どちらも無料で使えて、誰でもオンラインで動画試聴ができるということは知っていても、いざ配信する側に回ったときに、どんな違いがあるのか、しっかりと把握できていますか?

YouTubeで配信するのか、USTREAMだけにするのか、あるいは両方で配信するのか、それ以外の選択肢を模索するべきなのか…。

“YouTubeは録画、USTREAMはリアルタイム”という、漠然としたイメージからどちらを採用するか決断する方がいるかもしれませんが、本当にそれで良いのでしょうか。YouTubeには「YouTube Live」というリアルタイム配信サービスがありますし、USTREAMにも録画配信機能はあります。より多くの人に見てもらいたいという気持ちから、つい安易に利用者数だけで選択してしまう方もいるでしょう。

しかし、それも一概に正解だとは限りません。どちらのサービスも試聴するだけなら、ログインすることなく誰でも試聴できるため、うまく誘導すれば利用者数の優位性は、さほど大きな意味を持たないのです。

ではいったい、どこから検討をすれば良いのでしょうか。

以下、3つのポイントに分けて考えてみたいと思います。

1.利用シーンを考える

youtube

例えば、家電量販店へテレビを買いに行ったときに、まず各社のカタログの機能一覧ページをすべて広げて、細かくスペックを比較しながら、購入する商品を検討する人は稀でしょう。「誰が、どんなときに、どこで見るのか」といった“利用シーン”から、テレビのサイズや必要な機能をしぼって、比較検討するはずです。

同じように、動画配信の初心者が、いきなりYouTubeとUSTREAMのスペックを細かく比較しても、正しい判断基準を持たないため、最適なものは見えてきません。

まずは「なぜ動画を配信したいのか、それを誰に見てもらいたいのか、期待する効果は何なのか」、あなたのビジネスにおける具体的な動画の“利用シーン”を設定することが大切です。

ここをしっかりと固めておくことで、どの動画配信サービスを利用するのか判断しやすくなるだけでなく、動画配信後の効果検証もスムーズになり、次回以降のPDCAサイクルがまわしやすくなります。

以下にYouTubeとUSTREAMそれぞれのよく使われているシーンを挙げますので、自社での“利用シーン”をイメージする際のヒントにしてみてください。ポイントは「見てもらいたい時間が決まっているかどうか」と「配信時間の長さ」です。

比較

この2つのポイントがYouTubeとUSTREAMのどちらにより当てはまるかによって、どちらのサービスを採用するかを決めるのが、最もシンプルな方法のひとつです。

2.既存のコミュニティを活かせるかどうかで考える

あなたのビジネスにはTwitterのフォロワーは何人いますか?Facebookのいいね!数は?ソーシャルメディアに参加してくれているファンが多ければ、USTREAMのリアルタイム配信が盛り上がる可能性が高まります。

Ustream

リアルタイム配信をする意味は、なんと言っても配信中の動画を見ながら、参加者同士、参加者と配信者の間で、リアルタイムにコミュニケーションをとることです。そのためには、ソーシャルメディアを愛するエンゲージメントの高いファンが不可欠。配信者側にもファンとコミュニケーションを楽しむ姿勢が求められます。

もし、まだソーシャルメディアをうまく活用できておらず、USTREAMにファンを集める自信がないのであれば、無理にリアルタイム配信にこだわる必要はないのかもしれません。

3.有料配信したいかどうかで考える

企業がビジネスで動画を配信するということは、公開範囲をクローズドにしたいときや、動画を有料コンテンツとして販売したいときもあるでしょう。

そんなときに知っておきたいのが、広告と公式の有料チャンネルで稼ぐYouTubeと、ビジネス向けアカウントの月額料金で収益化を図るUSTREAMの違いです。

YouTubeで有料のコンテンツを配信するには、「アカウントが良好な状態であること」「電話でアカウント認証を住ましていること」「AdSenseアカウントと紐づいていること」「アクティブなチャンネル登録者が10000人以上いること」などの要件を満たす必要があります。

つまり、初めから有料配信するのはかなり難しいということです。

一方、USTREAMでは月額9800円〜のビジネス向けサービス「アドフリープラス」に申し込めば、広告を非表示にする「アドフリー配信」ができたり、同時試聴人数が無制限でパスワードをかけた限定配信ができたりするほか、すぐに有料配信も使うことができます。

アドフリープラス

もし月額9800円が高いということであれば、コミュニティ人数を100人集めて、月額324円の「プレミアムメンバー」でも同様の「ペイ・パー・ビュー」機能を利用することができます。YouTubeの10000人に比べれば、100人なんてかわいいものですよね。

このように、「有料配信をするかどうか」をYouTubeとUSTREAMの選択基準のひとつにすることができます。

おわりに

最終的には、YouTubeとUSTREAM両方の特徴を掴み、どちらも使いこなせるようになるのが一番ですが、まずは取り組みやすい方から、動画マーケティングの第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。


(編集:サムライト)


伝えたい、を動画でかなえる。動画制作ならCrevo[クレボ]
crevoad

関連記事

Crevoの動画制作・映像制作が選ばれる3つの理由

  • 29万円から制作できる実施しやすい金額
  • 2,500名以上のトップクリエイターから選べる豊富なバリエーション
  • 初めての動画制作・映像制作でも安心のサポート体制

ご相談はこちら