コラム

2016年08月25日

注目の人材採用動画最新事例5選~やっぱりあの会社は一味違っている!

posted by VIDEO SQUARE 編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加

EYE

アベノミクスの成功もあり、2012年以降の求人状況は売り手市場であり、今後もしばらくはその傾向が続きそうだといわれています。2017年3月卒業予定の大学生及び大学院生を対象にした大卒求人倍率は、1.74 倍だと発表されました(リクルートワークス研究所「第33回 ワークス大卒求人倍率調査」)。

新卒、既卒を含めたインターネットを使った企業の採用活動では、リクナビやマイナビなどの採用ポータルサイトを活用するケースが定番となっていますが、統一されたフォーマットの中で他社との「違い」や「より詳細な情報」の提供が難しいのも現状です。

記事の要点3  ● こうすれば自社の独自性が伝わる!採用動画成功例を見てみよう!

採用ポータルサイトでアピールしきれない要素を動画で表現している事例紹介

■あの「よしもと」で働くってどういう感じ?が伝わる吉本興業■

yoshimoto

http://yoshimotokko.com/index.html#workplace

テレビをつければヨシモトのタレントが出てくるというくらい知名度、存在感抜群の吉本興業ですが、採用者向けの動画でもヨシモトパワー全開です。「大阪編」を見てみると道頓堀、千日前の街並みを抜けて本社のあるなんばグランド花月の中にある本社は社員の活気に満ちています。「東京本部」は廃校となった小学校を利用しており、会議に使うホワイトボードも黒板にチョークを使っていました。小学校の中でタレントの記者会見や仕事の打ち合わせなども行われており、ガキの使いの藤原などがさりげなく出演。まるでテレビ番組の収録風景を思わせる劇場のような職場紹介動画です。

■ベンチャーらしいエネルギー 楽天■

楽天

http://corp.rakuten.co.jp/careers/life/movie/

楽天って社内公用語が英語なんだよね・・・。ということは楽天への就職を考える人にとってはよく知られた事実です。その通り!動画の社員インタビューは、日本人も含めて全員英語です。その他「Rakuten Makes New History」「What do you empower?」「Our Values」「Our Team」「Our Culture」とすべての動画は英語で説明されています!外国人も登場しており、グローバル企業の魅力が伝わってきます。

■人を大切にするディー・エヌ・エー【DeNA】■

DNA

http://creator.dena.jp/archives/44185817.html

DeNAの社員紹介は、DeNA CREATOR BLOGやDeNA ENGINEER BLOGなどのブログに飛びます。そこには日々いきいきと働いているクリエイターたちの活動が動画などで紹介されています。かざらない、日々の充実したクリエイティブな活動が伝わってきます。画像の中の【制作現場動画あり!】はこちらです。

https://youtu.be/3PZKo-cxGIg

■社員の熱い思いと企業のビジョンを効果的に伝えるGREE■

gree

https://youtu.be/_1pvtx0FOdU

清潔感溢れる広々としたオフィスの紹介や、各部署で働く人たちのインタビューなど、とてもスタイリッシュなGREEの魅力を伝えている動画です。全体のナレーション的な部分では執行役員の方へのインタビューを適宜挟みこむ構成をとっており、GREEの企業としてのミッションを分かりやすくアピールしています。

■自分が社員になって頑張る日々が想像できるマイナビ■

マイナビ

https://youtu.be/SRXlOsBbYO0

笑顔あふれる社員さんたちの生き生きとした活動的な様子のほか、あえて廊下で誰かとぶつかって書類が床に散乱してしまったり、そっと自分の涙を拭くシーン、深夜まっくらなオフィスでカタカタとキーボードを叩く姿などもあり、仕事をする厳しさやほんとうの意味でのやりがいなどが伝わってきます。最後のシーン、熱いマイナビからの求職者へのメッセージ「どストレートに働こう。」が非常に活きている動画です。

まとめ

今回は動画を効果的に使っている5社をピックアップしてみましたが、各社それぞれ個性のある仕上がりになっていましたね。これらの情報量とメッセージの強さは、やはり求職サイトにテキストと画像を掲載するだけでは伝わらないものであることは間違いないでしょう。

採用活動戦略を考えている担当者の方は、ぜひ動画コンテンツを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Crevoの動画制作・映像制作が選ばれる3つの理由

  • 29万円から制作できる実施しやすい金額
  • 2,500名以上のトップクリエイターから選べる豊富なバリエーション
  • 初めての動画制作・映像制作でも安心のサポート体制

ご相談はこちら