コラム

2015年03月20日

動画をうまーく使ったアプリ事例vol.1:動画を使い倒している「クロッシーロード」

posted by VIDEO SQUARE 編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回ご紹介するのはクロッシーロード。

まず、このゲーム、めちゃくちゃハマります。遊びすぎ注意です。フロッガーという古いゲームに似た、キャラクターが車などに轢かれないように道路を渡っていくシンプルゲームです。とにかく面白いです。

さて、本文です。

動画を見ればみるほどゲーム内コインが貯まって新しいキャラクターをアンロックできる

マネタイズにもつながるのですが、このゲームの素晴らしいところは「動画を見るとコインが貯まって、新しいキャラクターを無料ガチャで手に入れられる」ということです。こちらをごらんください。

コインをもらうために動画を観るボタンを押すと20秒〜30秒くらいの動画が流れます。動画を流すとスキップできないんですが、コインをもらうために主体的に観る、というものなのでストレスはありません。

ほかのユーザーのプレイ動画を見ることができる

ほかのユーザープレイ動画も見ることができます。
こちらをごらんください。僕が持っていない、カタツムリのキャラクターを持っていますね!

ほかのユーザーのプレイ動画を見ることで、「このキャラクター欲しい!」という欲望を喚起することができます。また、ほかのユーザーの上手なプレイを観て触発され、リテンションにもつながります。

導入はUnityのプラグインのため、容易。

Unityが提供するEveryplayというサービスのSDKを利用するため、自分で実装をする必要がありません。(EveryplayはもともとApplifierのサービスでしたが、Unityが買収しました。)
Everyplay_Developers

まとめ

動画を利用すればAcquisition(ユーザー獲得)、Retension(ユーザー維持)、Monetize(マネタイズ)の全てに有利に働きます。ぜひ、あなたのアプリでもこういった動画の活用を試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Crevoの動画制作・映像制作が選ばれる3つの理由

  • 29万円から制作できる実施しやすい金額
  • 2,500名以上のトップクリエイターから選べる豊富なバリエーション
  • 初めての動画制作・映像制作でも安心のサポート体制

ご相談はこちら