コラム

2016年08月16日

今さら聞けない!動画配信時に検討すべき媒体をおさらいしよう!

posted by VIDEO SQUARE 編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加

EYE
YouTubeのTrueView広告の成功事例や、場所を選ばず手軽に動画を視聴できるモバイル端末の普及などにより、動画広告の出稿媒体が広がってきています。動画コンテンツを視聴する媒体は、これまで一般的であった動画配信サイトだけではなく、ソーシャルメディアやスマホニュースアプリなどへと拡大しています。
今回の記事では媒体の概要を把握するとともに、具体的に検討したい媒体例としてスマホのキュレーションメディアを取り上げます。

記事の要点3  ● 動画を出稿できる方法を把握しておこう
  ● スマホ向けに検討したいキュレーションメディア3選

動画を出稿する方法はこんなにある

メディア
動画広告の出稿というと、まっさきに浮かぶのはYouTubeなどの動画配信サイトでした。最近では、著名メディアでも動画広告をメニューに加えるところが増え、AdWordsやYDNなどのアドネットワーク経由で出稿する方法も一般的となっています。また、動画DSP(動画広告配信プラットフォーム)のサービスを利用する企業も増えてきています。

そうした最近の動画が出稿できるメディアの特徴をまとめると下記のようになります。

<著名メディアに直接出稿>

新聞社やインターネットニュースなどの大手情報系ポータルサイトや、自社で検討している広告内容と合致したコアなファンを持つサイトなどに直接出稿する方法です。ターゲティングについてはメディアごとに用意しているカテゴリーにより精度が変わってきます。

料金の種類は「出稿期間保証型」「インプレッション保証型」などがあり、掲載料金はメディア側で設定されています。

<アドネットワーク経由で出稿>

広告主と相性のよいWebサイトを選定して効率的に広告配信を行うことができます。「年齢・性別・地域」、「自サイトへ訪問した事のある人」「特定のカテゴリーに属するサイトを多く見ている人」などのターゲティングを行うことができます。

料金はクライアント側で予算を決定できるクリック課金型・オークション入札制が一般的です。

<動画DSP(動画広告配信プラットフォーム)を使って出稿>

DSPは複数のアドネットワークに広告配信をすることができるツールを指しますので、厳密には広告「媒体」ではありません。しかし出稿媒体を管理できるので、アドネットワークの欠点である「出稿媒体を選定できないため、ターゲットとしていないWebサイトに出てしまうことがある」という事態を避けることが可能です。

料金はターゲットのユーザー情報に基づき、1インプレッションごとに価格設定が可能です。動画広告の買付方法はRTB(Real-Time Bidding=リアルタイムビディング)で行い、課金方法は「インプレッション課金」(CPM)が一般的ですがクリック課金(CPC)や成果課金(CPA)などもあります。

<FacebookやツイッターなどSNSでの動画広告出稿>

例えばFacebookの動画広告では、タイムライン上と右側の広告枠に配信されます。インフィード広告は2016年中には100億円規模の市場となることが予想されています。ターゲットを絞り込んだ細かい配信設定が可能です。

料金は、クリック単価及びインプレッション課金の2通りが選べます。

スマホ向けに検討したい媒体3選

スマホ

スマホでの動画視聴が一般的になってきたことに加えて、著名アプリでも独自の広告メニューを用意するところが増えてきました。今回はスマホ上でさまざまなニュースを効率良く読めるキュレーションメディアの媒体についてご紹介します。

<SmartNews>

smartnews

● 媒体特性

「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」をミッションとして、広告を含め、良質な情報をユーザーに届けることを目指しています。キュレーションメディアに先駆けてサービスを開始しており、国内最大級のダウンロード数を誇ります。

◇サービス提供開始時期:2012年12月

◇国内ダウンロード数:1,700万DL(2016年7月時点)

● 広告メニュー

◇SmartNews Premium Video Ads
SmartNewsのプレミアムポジションに動画広告を配信できるメニューです。リッチな動画コンテンツを自動再生でユーザーに届けることができます。

参照:媒体資料

<グノシー>

gunosy● 媒体特性
「情報を世界中の人に最適に届ける」というコンセプトの下、ニュースだけでなく漫画や占いなど様々なコンテンツを発信しています。また、国内ダウンロード数も国内最大級であり多くの方にリーチできるメディアです。

◇サービス提供開始時期:2013年1月

◇国内ダウンロード数:1,500万DL(2016年7月時点)

● 広告メニュー

◇Gunosy Premium Ads カテゴリーヘッダービデオ
リスト面と記事面のヘッダー部分で動画を自動再生するインパクトの大きいメニューで、配信先カテゴリーが4種から選択可能です。
◇Gunosy Premium Ads プレミアムビデオパッケージ
グノシーを含めたプレミアムメディア約20媒体へ配信できる動画メニューで、配信先メディアはターゲットユーザーに合わせた各種パッケージがあります。

参照:媒体資料

<Antenna>

Antenna
● 媒体特性

「信頼性・芸術性に長けたメディアの良質な情報」を目指していて、画像を中心としたデザインが特徴のキュレーションメディアです。デザイン、操作性などが雑誌を読むのに近く、他のキュレーションメディアと比較し若者や女性の比率が多いのも特徴です。

◇サービス提供開始時期:2012年5月

◇国内ダウンロード数:550万DL(2016年7月時点)

● 広告メニュー

◇ブランドカバームービー
antennaの起動とともにまるで映画のような臨場感ある動画が始まります
◇ブランドムービー
フィード上で指定の5秒~30秒の間動画が自動ループ再生します。

参考:媒体資料

以上、これまで一般的であった動画配信サイト以外の最近の媒体について特徴をまとめました。各媒体ごとにリーチできるオーディエンスの傾向も変わってきますので、媒体の特性をしっかり見極めて自社にとって最適な動画プロモーションプランを立案してください。

 

 

 

 

 

関連記事

Crevoの動画制作・映像制作が選ばれる3つの理由

  • 29万円から制作できる実施しやすい金額
  • 2,500名以上のトップクリエイターから選べる豊富なバリエーション
  • 初めての動画制作・映像制作でも安心のサポート体制

ご相談はこちら