コラム

2014年11月17日

現代版「8時だョ! 全員集合」 感動を巻き起こした動画のキーワードは、「参加者目線」と「羨望感」

posted by VIDEO SQUARE 編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケティング・広報・PRにおいて、「リアルの場でイベントを行いプロモーションしたが、別段ネットや口コミで話題になることもなく、大きな成果をあげることはできなかった」と頭を悩ませている方に向けて、今回、ブライダル事業を運営するアニヴェルセル株式会社の事例をご紹介します。

同社は、結婚式を挙げる前の夫婦にフォーカスし、あるサプライズを収めた動画をプロモーションに活用することで来客数を増加させました。

動画公開後には、来店した方のうち8割以上の方が「動画がきっかけで訪れた」と答えた成功事例になります。本動画がPRで成功した秘訣とはなんだったのか、解明していきます。

どこが仕掛けたの?

企業:アニヴェルセル株式会社
YouTubeチャンネル:anniversairechannel
総再生回数:約120万再生(2014年11月時点、2本の合計再生回数)

本動画は、「お客様の幸せの瞬間を人生最高の記念日にするお手伝いをしたい」という企画から動画が制作されました。

Share the moment. ふたりだけじゃない。みんなを幸せにするウエディング」というコンセプトで運営しているアニヴェルセルみなとみらい横浜のスタッフや恋人の友人知人による協力のもと、男性が女性に内緒でサプライズ・プロポーズを準備する様子を収めています

多くの人に見られ、心を動かした本動画のキーワードとはなにか。それは「参加者目線」と「羨望感」だと考えられます。

「志村、うしろうしろー!」 同じ空気を共有しているような臨場感

この動画は非常に感動的に仕上がっていますが、感動的な動画作りというだけではユーザーへ訴求させるには不十分です。真に着目すべき点は、舞台の裏側を映すことにより、視聴者自身がこのサプライズを成功させるために動く「いち参加者目線」になっていることです。

このサプライズを受ける本人は何も知らないにもかかわらず、視聴者であるあなた自身は「これからサプライズが起こる」ことを知っています。

そのワクワク感を楽しんだ後、いち参加者としての感情移入を促します。そして動画のクライマックスでは、友人に近い目線で彼女が涙ながらに喜んでいる姿を見て、画面越しながら「一緒に」感動しているのではないでしょうか。

向こうは知らないがこちらは知っている、つまり「8時だョ! 全員集合」の「志村、うしろうしろー!」と同じ現象です。

ただの外野ではなく実際に参加している気分にさせる、動画を見ているだけなのに擬似的な「体験」をも感じさせている点が、この動画では非常に秀逸だと考えられます。

羨望、それもひとつの心の形

この動画を見たカップルは恐らく

「こんな風にサプライズされたい」
「こんな風にしたら相手はすごく喜んでくれるかもしれない」
「こんな素敵なことをしているブライダルならきっと間違いない」

などの想いを巡らせたはずです。

サプライズを参加者目線で見ることにより、いつしか自分たちもこんな風にプロデュースされたいという「羨望感」が心の中に芽生え始めます。

一生に一度の大切な瞬間に、心は喜びや幸せで満ちていきます。そして今まで育ててくれた親への感謝で温かいものが頬を伝う、そんな瞬間を想像することは、結婚を望む方にとっては珍しくないことでしょう。

他にブライダルのお店があったとしても、「今回の動画のような企画を作った会社が自分たちを最も満足させてくれるはずだ」と思えてくるのではないでしょうか。

心を刺激し実際の行動まで誘発する仕組み作りがなされていることこそが、この動画のツボです。

終わりに

良い動画プロモーションとは、ただ感動的なだけではなく、実際に人を動かすことに他なりません。

プロモーションで人の心に響かせ実際の行動を誘発するためには、視聴者の心のどこを刺激すればいいのか理解しなければなりません。

共感」というキーワードの他に「参加者目線」や「羨望感」といったポイントは動画マーケティングにおいてとても重要なのではないでしょうか。

(編集:サムライト

伝えたい、を動画でかなえる。動画制作ならCrevo[クレボ]
crevoad

関連記事

Crevoの動画制作・映像制作が選ばれる3つの理由

  • 29万円から制作できる実施しやすい金額
  • 2,500名以上のトップクリエイターから選べる豊富なバリエーション
  • 初めての動画制作・映像制作でも安心のサポート体制

ご相談はこちら