最新ニュース

2015年06月30日

今だからこそ押さえておくべき! 最新のオンライン動画トレンド2015

posted by VIDEO SQUARE 編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年に動画元年と呼ばれてから1年。動画は世の中に急速に普及しました。制作ソフトやYoutubeなど動画を制作するインフラが整えられていくことで誰でも気軽に制作できるようになりました。あわせて、動画の質も格段に向上しました。

そんな中、企業は、いかにして顧客の心をつかむことのできる高品質の動画を作るかが求められています。そのためには、手元に正しいデータを持つことが重要です。

そこで、今回は、5月末にモバイル系を含むインターネット分野の第一人者であるメアリー・ミーカー(Mary Meeker)が、カリフォルニア州(米国)で開催された会議”the Code Conference”にて発表した『2015年インターネットトレンドレポート』から重要なスライドを抜粋しました。

オンライン動画の最適なマーケットとは

                              
ビジネスを行う上で重要なのはそこに需要があるかです。そこで、インターネットのトレンドを見ていきます。1995年にはネットユーザーは3500万人で、世界人口の0.6%にすぎませんでした。しかし、現在では、28億人にせまる勢いです。

そして、ご存じの方も多いと思いますが、人口13億人の中国は、世界最大のネットマーケットです。しかし、彼女は、2億3200万人のユーザーがおり、3番目に大きなシェアを誇るインドこそ最も大きな市場であると述べています。なぜなら、インドでは、昨年だけでなんと6300万人がインターネットの利用を開始しているからです。

同国の月間アクティブユーザー(以下 MAU)数は世界第2位であります。さらには、Facebookについても1億1200万人のMAUがおり、2番目に大きなマーケットとなっています。また、YouTubeを利用する人は7000万人、2014年のTwitterの利用者の増加率は対前年比56.9%増となっています。
Meeker-4-750x562

ネット時代の主役「ミレニアム世代」へのアプローチ

15~35歳のミレニアム世代(デジタル環境になじんだ世代)は、間違いなくデジタルコンテンツ消費を左右する存在です。彼らは、スマートフォンのカメラやビデオ機能を「少なくとも1日に1回」は利用する人が44%、「1日おき」が 22%、「少なくとも1週間に1回」が21%となっています。そして76%が写真や動画をソーシャルメディアに投稿しています。
Meeker-70-750x563
さらに、12~24歳の動向を見ると、彼らはInstagramや Snapchat、Pinterestなどの画像共有系SNS系を使い、利用率は前年比を上回っています。一方で、これまでSNSの中で絶対的存在であったFacebook、Twitterの利用率は低下しています。

Facebookの利用者減少の一番の理由は、「親がやっている」からです。米国では母親世代の4人に3人はユーザーで、友人関係や書き込みが筒抜け状態であるからです。Twitterに関しては、明確な答えはありませんが、文字のみより、インスタグラムのように写真などのを共有するほうが楽しいということです。
Meeker-68-750x562

どのデバイスで動画コンテンツは最も視聴されるか

 成人のユーザー1人あたりのネット利用時間をデバイスごとに比較すると、モバイル機器が51%、デスクトップやラップトップ機器が42%、その他が7%という結果になりました。これが、スマートフォンの小さな画面で「縦型の動画広告」が横型よりも高い効果を上げることのできるみそです。実際に、Snapchatの縦型フルスクリーン動画広告が横型よりも9倍もの効果を出しています。
Meeker-14-750x559

どのようにしてビジネスに活かすか

これまで、動画を活用していく上で必須の知識をお伝えしてきました。では、これからいかにビジネスに活かすかをお伝えします。

現在、動画広告市場が伸びる中でモバイル広告の費用は急激に増加してきています。このことから、メアリーはこれからの広告フォーマットも、紙媒体ではなく、モバイルに対して最適化されるべきであると述べております。
Meeker-16-750x565

実際に、インターネット上をみると商品やサービスに興味をそそられた瞬間に、「買う」という消費行動への抵抗をできるだけ少なくするようモバイル用に最適化された「購入」ボタンが設置されています。すでにFacebookやTwitter、Google上にも導入されるなどモバイルに最適化される動きは加速しつつあります。
Meeker-20-750x560 (1)

まとめ

今後、動画が、生活の中に普及していく中で企業は動画広告の情報を収集するとともに、動画という強力なツールに負けないコンテンツを生み出していくことが求められます。良いコンテンツを制作する上で重要である市場規模やターゲットを知るという点で今回のデータは非常に参考になったかと思います。(編集部=今村 光一郎)

参考文献

ReelSEO”12 SLIDES THAT EVERY VIDEO MARKETER SHOULD READ RIGHT NOW”
http://www.reelseo.com/2015-internet-trends-video-marketing/

“2015 Internet Trends Report at the Code Conference in Rancho Palos Verdes”

関連記事

Crevoの動画制作・映像制作が選ばれる3つの理由

  • 29万円から制作できる実施しやすい金額
  • 2,500名以上のトップクリエイターから選べる豊富なバリエーション
  • 初めての動画制作・映像制作でも安心のサポート体制

ご相談はこちら