ソーシャル

2016年02月05日

【Facebookは終わるのか?】2016年 アメリカの10代が”イケてない”と言った4つのサービス

posted by VIDEO SQUARE 編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は少子化が進む一方で、アメリカでは新たなテクノロジーやサービスに敏感な若い世代が多く生まれています。

その中でも最近特に注目されているのが、現在18才以下のジェネレーションZ。

アメリカ国内において、ミレニアル世代とジェネレーションZを合わせた37歳以下の若者は、全人口の半分以上を占めています。

サービスの成功は、若者ユーザーに響くかどうかが大きな鍵となっています。

年齢別にみるアメリカの人口の割合

年齢別にみるアメリカの人口の割合


今回は13~18歳の、アメリカ人60人を対象に実施したアンケートをもとに、アメリカ人10代に使われなくなった4つのサービスと、愛されている6つのサービスを紹介します。

もう”イケてない”と言われた4つのサービス

Facebook
facebook
【回答】
・時代遅れ(14歳)
・自分の親や友達の親に投稿を見られるから使わない(16歳)
・Facebookは、イベントを開くときにはいいけど、ちっともお気に入りのアプリではない(15歳)

【なぜイケてないのか】
調査対象だった10代の大半がFacebook登録者にもかかわらず、Facebookはお気に入りのアプリではないと応えました。

親に見られる心配や、広告でごちゃごちゃした見た目が理由です。

しかし、鬱陶しいと思うことと、Facebookを持たないこととは別なようです。

「Facebookアカウントを持ってるでしょ。あなたもだよね?」という社会からのプレッシャーがあり、アカウントを持たない場合、その理由を毎回、説明しなければなりません。

Google+
google-
【回答】
・そもそもGoogle+を使うときがいつなのか知らない(16歳)

【なぜイケてないのか】
言われてみれば、たしかにGoogle+をメインで使っている人を見たことがありません。Google+を使わずとも、他のSNSで足りているという印象が強いです。

以下のグラフを見ても、そもそもGoogle+を利用している人が少なく割合も減少しているのが分かります。

アメリカのソーシャルメディア利用状況

アメリカのソーシャルメディア利用状況

Whisper
whisper
【回答】
・単純にもう誰も使ってない(17歳)

【なぜイケてないのか】
Whisperは、他のユーザーと匿名で秘密を共有できるアプリです。2013年に大流行しましたが、ブームはすでに去りました。

学校や友達などの酷い悪口を言うことが多く見受けられ、「マイナスな発言がたまるSNSは人気が長続きしない」ことを裏付けました。

またWhisper利用にあたって社会的に注意するべきことが多く、煩雑だと感じられているようです。これは、Facebookにも当てはまる傾向です。

Vine
vine
【回答】
・Vine動画はみるけど、自分も友達も誰も動画を投稿したことがない(16歳)

【なぜイケてないのか】
6秒の動画をアップするサービスとして人気を博したVineですが、観ることはあっても自分で動画をアップする機会は「ほとんどない」という意見が目立ちました。誰もが参加者になれないと熱は冷めてしまうのかもしれません。

そんな中、人気を独占する6つのアプリ・サービスとは?

ここまでは、「流行」「廃り」が早いのかと感じさせる辛辣な回答が並びました。

そんな辛口な彼らを魅了するアプリはどんなものでしょうか。大体予想はついているかもしれませんが、理由と共に見ていきましょう。
Snapchat
snapchat
【回答】
・スナップチャットは私のコミュニケーション方法の1つといってもいい(15歳)
・テキストメッセージと役割は変わらないし可愛い自分の顔写真ものせられるから好き(16歳)
・今、自分がどこにいて何をしているかということを短く簡単に伝えられるから良い(17歳)

【使われる理由】
Snapchatは親しい人とのネットワーク内交流で、自分のパーティーではしゃいでいる写真を見られても問題ありません。

いいね!の数やコメントを気にする必要もなく、とにかくほかのソーシャルネットワークと比べ、自由にふるまえる場所として利用され人気があります。

Spotify
spotify
【回答】
・友達の音楽の好みを知ることができる(14歳)
・友達がシェアする音楽をみて新しいお気に入りの曲をみつけられる(14歳)

【使われる理由】
Spotifyはその名を世界に轟かせている音楽ストリーミングサービスです。今の10代は、好みの音楽も不特定多数の人と共有しています。無料で聞けて、シェアできることは、当たり前なのです。

Instagram
instagram
【回答】
・他のみんなが何をしているのか知りたい(15歳)
・Instagramでみつけた面白い写真を友達に送れる(15歳)
・自分が今何処で何をしているのかを全部シェアできるから(15歳)

【使われる理由】
Instagramは不動の人気をキープしています。「snapchatでも写真を共有し、Instagramでも共有するの?」と思われる方も居るでしょう。全ての写真をポストするのがSnapchatで、その中で、自分が最もかわいく写っている1枚を載せる場所がInstagramというような使い分けをしているようです。

Instagramでは、フォロー返しのマナーを強制されず、気に入らない写真にタグ付けされる心配もありません。

また、広告が少なく、コンテンツ自体にフォーカスされている印象です。

Twitter
twitter
【回答】
・なんらかの形で有名人とつながることができるから(18歳)
・いつでもツイートできるしFacebookのようにごちゃごちゃしてないから(17歳)
・自分の心にためていたことを吐き出せて、それに同級生が同情してくれるから(19歳)

【使われる理由】
ダークホースだったのはTwitter。日本では、まだTwitterを頻繁に利用する人も多いが、アメリカでは、新規ユーザー獲得が苦境だと言われていました。

しかし結果は、意外にも10代からの人気は高いままです。簡単な検索では自分が見つからないと感じられるため、親や家族の目の届かないところで、学校の不満を漏らしたりしています。

Netflix
netflix
【回答】
・Netflixで良い(16歳)
【使われる理由】
アメリカではテレビよりも、Netflixをはじめとするストリーミング配信サービスやケーブルテレビが利用されています。

PwCは、過半数を超える人がストリーミング配信のメディアを好んだと発表しました。HuluやAmazonプライムの利用者の割合も多かったがNetflixの利用率は圧倒的で、ケーブルもNetflixもHuluも登録している家庭でも、ほとんどはNetflixを利用するといいます。

ただし、ドラマのアップロードはHuluの方が早いため、Huluを利用するというユーザーも多いです。

Facebook Messenger
Facebook-Messenger
「あれ?Facebook離れしているんじゃないの?」と思われる方もいるでしょう。Facebook Messengerは利用率も高く、今回の調査対象者の80%以上が頻繁にFacebook Messengerを利用していると応えました。

KikやSnapchatもテキストメッセージとしては、Facebook Messageに劣るようです。

生き残るFacebookの利用シーン

グループ機能
Facebookを使う目的の多くはグループ的なものです。グループをチェックするためだけにfacebookを使い、重要なところを見て、すぐログアウトしてしまうようです。

難しいアルゴリズムによる配置ではなく、上にあるものが新しいというシンプルなニュースフィードが親しまれています。

検索機能
初めて会った人とつながりたいとき、まず最初に使うのがFacebookでしょう。このような場面において、TwitterやInstagramはあまり使われません。実名で検索するだけで、だいたい誰でも見つけることが出来るのが特長です。

他サービスへのサインアップ
他のサービスに登録する際、面倒な手間を省くためにFacebookアカウントでを利用する機会が増えています。

Facebookが、ネット上の身分証明書のような機能を持ち、アカウントを残しておくだけで、意外な使い道があるものです。

まとめ

上記のサービスの失敗例と成功例からみたなかでアメリカの10代向けにサービスをつくる前に心得るポイントは3つ。

1. 社会的なプレッシャーを感じさせないもの(少なくとも親には気付かれないこと)
2. 仲の良いコミュニティだけで自分の好むものを主張でき、友達の好むものを知れるもの
3. ユーザーが当事者で受け身にならないもの

Written by btrax

関連記事

【アメリカでは誰もLINEを使わない?】国別にみる若者が使うアプリの違い 5選
米国のミレニアル世代・ジェネレーションZに効果的なブランド構築方法
~Facebook離れは本当なのか~ 米国若者ソーシャルメディア最新実情

関連記事

Crevoの動画制作・映像制作が選ばれる3つの理由

  • 29万円から制作できる実施しやすい金額
  • 2,500名以上のトップクリエイターから選べる豊富なバリエーション
  • 初めての動画制作・映像制作でも安心のサポート体制

ご相談はこちら