動画制作・動画マーケティング専門メディア「VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)」

動画制作・動画マーケティングに関するノウハウや事例などを紹介するニュースメディア

ブランディング動画の2つの「当たり前」

ブランディング動画の2つの「当たり前」日々、公開されている無数の動画。
その中には、大ヒットしているものもあれば、注目されることなく消えていく動画もあります。

企業が発信するブランディング動画であれば、どれも担当者が頭をひねり、ある程度の予算をかけているはず。それなのに、こんなにも違いが出てくるのはなぜなのでしょうか?
今回は、ブランディング動画の基本中の基本に立ち返ってみたいと思います。

まずは動画の強みを再確認

なぜブランディングに動画を使うのでしょうか。
言うまでもなく、テキストや画像にはない強みがあるからです。

その強みとは、「テキストや画像よりも多くの情報を伝えることができる」ということ。
多くの情報を伝えることで、得られる効果は大きく分けて2つあります。
頭で理解する「分かりやすさ」と、心で感じる「共感・感動」です。
情報量が増えるということは、より多くの人に、少ない誤差でメッセージを伝えることができるということになります。

ブランディング動画では同業者より目立つだけではダメ

強みだけを見ると、動画はまるで万能のようです。
実際、メディアを使ったブランディングでは動画広告が主流となっています。

ただ、動画には、動画の難しさもあります。その一つは、提供される場の選択です。
テキストや画像であれば、紙媒体から、屋外ビジョンやウェブ、ソーシャルメディアなど、幅広い場面で消費者と接触することができます。

その一方で、動画はTVかソーシャルメディア(特にYouTubeとFacebook)が中心となります。提供される場が変われば、当然、競合相手も変わります。たとえば、自動車雑誌に載っている広告は、多くが自動車関係の会社のものです。ここでは、同業者の広告よりも目立てば、読者に見てもらうことができます。

しかし、YouTubeやFacebookでは勝手がちがいます。競合相手は、世界中のありとあらゆる企業と個人。その中で、選ばれる工夫をする必要があります。さもなくば、あなたの広告は、見られることなく終るでしょう。

「商売上の競合他社」や「自社の過去作品」より優れているコンテンツを作っているだけでは、ブランディング動画で成功を収めることはありません。

どんなブランディング動画が成功しているのか

では、どういったブランディング動画が成功を収めているのでしょうか?

ここではシンプルに2つのポイントに注目します。「再生回数」と「メッセージの伝達性」です。「再生回数」という観点で見ると、やはりYouTubeやFacebook全体の中で差別化できている動画が上位に表示されています。そして、どちらかというと、「分かりやすさ」よりも「共感・感動」を生む動画の方が、多く再生されているようです。

彼らは、どうやって「共感・感動」を生んでいるのでしょうか。

そこには、クリアかつシンプルな共通点があります。彼らは、「見たこともないような映像」、もしくは「想像もしなかったストーリー」を提供しているのです。当たり前のことすぎて、肩透かしをくらった方もいるかもしれません。ただ、再生回数が伸びずに悩んでいるのであれば、客観的な目で、手がけた動画を見直してください。

「どこかで見たことある」モノに仕上がっていませんか?もちろん、「見たこともないような映像」や「想像もしなかったストーリー」だけが必要なのではありません。
しっかりと伝えたいメッセージを込めることで、ブランディング動画としての成功につながっていくのです。

「見たことない映像」で

映像という意味では、GoProの動画が参考になります。

GoPro 「HERO3: Almost as Epic as the HERO3+」

この動画はYouTubeで公開されてから、4,000万回以上再生されている大ヒット動画。
いったい、何がそんなに人々を惹きつけたのでしょうか。

動画を見て頂くとわかりますが、ストーリーはありません。
そのかわり、普段、目にすることがない映像が矢継ぎ早に映し出されます。

GoProで撮影された崖から飛び降りるスキーヤーや、ビッグウェーブの中を進むサーファー。スタジオで撮影されたものとは一味違う映像です。見たことのない映像が、視聴者を強く惹きつけ、感情を揺さぶります。これまでは、こうした過酷な環境での撮影は、熟練のカメラマンと、高価な機材が不可欠でした。

それをGoProさえあれば、誰でも撮れてしまう。これ以上ない商品のベネフィット訴求といえるでしょう。

GoProで撮影されたブランディング動画を見て、自分もGoProで動画を撮りたいと思わせる、非常によくできた動画です。

「想像超えたストーリー」も

ストーリーをうまく使っているのはDoveのブランド広告です。

Dove ”Choose beautiful”

こちらの動画は、世界の5つの都市(サンフランシスコ、上海、デリー、ロンドン、サンパウロ)で撮影され、世界の女性が自分の美しさをどう捉えているかを映し出しています。

「自分が美しいと思うかどうかは、日々自分で決めることができる選択の一つ」というメッセージを動画を通して伝えています。なお、Doveは2013年にも似たコンセプトの動画を公開しています。

Dove “Beauty Sketches”

まとめ

いくつかの大成功を収めたブランディング動画のご紹介とともに、基本中の基本を見直してみました。

「映像」や「ストーリー」で視聴者を惹きつける。
動画を作るにあたって、当たり前すぎて、あえては意識していない方もいるのではないでしょうか?
ブランディング目的であったとしても動画は、ターゲットに見てもらわなければはじまりません。

もし、再生回数に頭を悩ませているのであれば、「どこかで見たことあるような動画」になっていないか。
是非、見直してみてください。
そこに何か打開の芽があるかもしれません。

(文:Scott Nomura)

動画制作におすすめのCrevo

Crevoメンバー

VIDEO SQUAREを運営するCrevo(クレボ)では、数多くの動画制作・映像制作にたずさわっています。国内外約5,000名のクリエイターネットワークを活かし、ご依頼ごとに最適な専属チームを作ります。また、はじめての動画制作でも安心のサポート体制が整っています。動画制作・映像制作ご検討の方はぜひお問い合わせください!

Crevoの関連サービス

ブランディングの動画制作・映像制作

関連記事

ワンダーコアCMから学ぶ認知率の上げ方
ライザップのCMから学ぶ、動画広告の基本4パターン
ティファニーもLGBT視野に 市場規模は100兆円!?

参考記事

YouTube 「2014 YouTube Ads Rewind: A Global Look Back 」
GoPro 「HERO3: Almost as Epic as the HERO3+」
Dove「Beauty Sketches」

関連記事