商談受注率を動画で向上させる 「営業動画DXパッケージ」を提供開始

  • プレスリリース
2024年01月18日

Crevo_営業動画DXパッケージ

動画を軸にあらゆる経営課題を解決するCrevo(クレボ)株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:水口 仁志、以下「Crevo」)は、営業の商談受注率向上に貢献する動画制作パッケージ「営業動画DXパッケージ」の提供を開始いたします。

 

■サービス資料の無料ダウンロード

https://page.crevo.jp/lp/request_materials/salesmovie

 

営業動画DXパッケージとは

製品やサービスの聞き手の理解度向上に貢献し、受注率を高めるための動画制作パッケージです。

 

顧客フェーズごとに動画で訴求すべき内容は変わりますが、「営業動画DXパッケージ」では商談での受注率の向上に特化した動画制作サービスを提供します。

 

■商談が上手くいかない原因と受注率を上げるポイント

商談が上手くいかない原因は、営業担当者の説明方法や商材の問題など様々なことが考えられますが、「聞き手の理解度」も一つの観点として挙げられます。

 

例えば、営業担当者が上手に説明することができても、聞き手(買い手)に100%理解してもらえなければ決裁者まで必要な情報が十分に届かず受注に繋がりません。商談においては聞き手に合わせたコミュニケーションが重要で、聞き手の理解度を引き上げることが受注率に影響すると考えられます。

そこで、理解度を高めるためのポイントとして事前に動画を見せることが効果的です。動画があることで聞き手の理解をある程度深めた状態になり、その先の本質的な会話ができるようになります。

 

また、商談前に動画を活用することで、以下のようなメリットがあります。

・商談の時間を傾聴と対話に使い切ることができる

・早いタイミングで相手の興味・関心を把握できる

・ヒアリングと与件整理がに時間を使えて、深い議論ができることで、お客様に響く提案になりやすい

 

■Crevoの営業動画DXにおけるノウハウ

商談における動画活用は聞き手の理解度向上に効果的ではある一方で、企業側の伝えたいことだけを一方的に伝えてしまっていたり、顧客にとってのメリットがわかりづらい内容である場合、十分に効果を発揮できません。

受注率向上に貢献する動画にするためには、聞き手がスムーズに理解し、信頼感を生むためのコツやポイントがあります。

 

そこでCrevoでは、これまでの動画制作で培ったノウハウを集積し、受注率向上に効果的な動画の分析を行った上で、営業DX動画の「王道構成」を導き出しました。今回はその構成を軸に、個社の商材や課題に合わせて最適な動画のご提案を行う「営業動画DXパッケージ」のサービス提供を開始いたします。

 

これまで多数の制作実績がある営業動画の事例をもとに、お客様の課題を解決するための最適な動画をご提案いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

<資料ダウンロードはこちら>


<お問い合わせはこちら>

https://crevo.jp/contact/

 

■営業DX動画 お客様の声

・動画を見た決裁者から​直接話を聞きたいと言われるようになった

・本来営業が注力すべき、疑問点の解消/課題のヒアリング/​ソリューション提案に集中することが可能になり、受注率が向上した

・動画のおかげでお客様の理解度が圧倒的に高まった

・営業担当者に依存せず、説明のレベルが平準化できた

 

お客様事例 インタビュー記事はこちら:https://crevo.jp/interviews/13/

 

■Crevoについて

Crevoは​​、動画制作を中心にビジネス課題解決のためのコミュニケーションを提供することで、顧客企業の成⻑を支援し、より豊かな社会の実現を目指しています。動画制作においてはあらゆる知見を備えた総合クリエイティブカンパニーとして、大手企業、スタートアップのTVCMからSNS動画まで2,000社10,000件以上の動画制作実績を誇るプロダクション機能を提供し、様々な課題解決に貢献しています。

 

【会社概要】

会社名 :Crevo株式会社(Crevo Inc.)

事業内容:動画制作・動画コンサルティング業

代表者 :代表取締役社長 水口 仁志

所在地 :東京都港区六本木4-8-5 和幸ビル502 

設立  :2012年6月

公式HP : https://crevo.jp

 

 

一覧へ戻る

動画制作・映像制作をご検討の方
まずはお気軽にご相談ください!

Crevo 050-1742-3575 (受付時間/平日10:00~19:00)