Facebook広告動画 シュール編 (Hinative Trek様)

英語学習サービス「HinativeTrek」の名前からもじって 「ハイネイティブ太郎」というキャラクターを制作し、アイキャッチを狙っています。