プレスリリース

2015年09月11日

編集部厳選、今週の注目ニュース5選(9/4-9/10)

posted by VIDEO SQUARE 編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加

編集部が厳選した今週のニュース5本をお届けします。
川崎市が動画コンテンツなどで地域事業新興を図る動きや、相次ぐパーソナライズド動画サービスのリリースが目立ちました。

クリーク・アンド・リバー、川崎市とコンテンツ産業振興事業で連携

クリーク・アンド・リバーは7日、川崎市から平成27年度コンテンツ産業振興事業を受託しました。同市内のさまざまな業種を対象に、映像やアニメーションなどのコンテンツを活用した事業展開の浸透を図っていきます。
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000469.000003670.html

博報堂アイ・スタジオがlivepassと提携、パーソナライズド動画提供へ

博報堂アイ・スタジオは8日、livepasと連携。同社のワンストップ動画マーケティング・ソリューション「再生商店」で、パーソナライズ動画の配信を始めます。
http://www.i-studio.co.jp/news/2015/09/one-to-one.html

モバーシャル、livepass、 MOVAAA が連携、パーソナライズド動画の制作サービス開始

モバーシャル、livepass、MOVAAの3社は9日、パーソナライズド動画サービスの提供を開始しました。
各社の強みを活かし、視聴者属性や購買履歴を元に動画を個別生成するということです。
http://www.mobercial.com/article/parsonalizedvideoarticle/

ハウツー動画サービス「ビエボ」、台湾メディアとコンテンツ配信へ

オプトは10日、同社が運営するハウツー動画サービス「ビエボ」が、台湾メディア「大人物」と連携すると発表。
海外からの動画視聴の増加を受け、アジア圏への動画コンテンツの提供を開始しました。
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000014848.html

エルモ、全天球パノラマ動画撮影用カメラシステムを発売へ

エルモは11日、全天球パノラマ撮影用カメラシステムQBiC Panorama Xを24日に発売すると発表しました。最大画角185°の超広角レンズを搭載したカメラ4台を専用リグ(取付金具)に取付けて撮影するというもの。
昨年から、商業用を中心に全天球パノラマ動画の需要が高まりを受けたもので、監修は、国内第一人者の谷口とものりカメラマンです。
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000004489.html

関連記事

Crevoの動画制作・映像制作が選ばれる3つの理由

  • 29万円から制作できる実施しやすい金額
  • 2,500名以上のトップクリエイターから選べる豊富なバリエーション
  • 初めての動画制作・映像制作でも安心のサポート体制

ご相談はこちら